フジテレビのCSR活動

2013年度活動報告

2013年度活動報告TOP
TOPICS
社会貢献活動
環境
災害支援
番組
TOP2013年度社会貢献トピックススポーツを通じたCSR活動「バレーボール・コーチングキャラバン」
2013年度社会貢献トピックス

スポーツを通じたCSR活動「バレーボール・コーチングキャラバン」

[2013年12月4日更新分]

子どもたちの最良の指導者は偉い先生ではなく、身近な先輩…。


憧れの元・名プレイヤーから特別指導を受けた高校生バレーボーラーが、今度は“愛弟子”として地元の小・中学生を真剣にコーチングし、それぞれの地域でバレーボールの底辺拡大をはかろうという活動が、このバレーボール・コーチングキャラバン(バボキャラ)です。


その前身となっているのが、2000年~2011年(11年間)の長きにわたって、フジテレビが公益財団法人 日本バレーボール協会とともに実施してきた「FNS春高バレーコーチングキャラバン(コチキャラ)」でした。世界を舞台に活躍した名選手・名監督が全国の高校に赴き、長期のコーチングを行ないました。さらに、これをFNS各局が密着取材、ドキュメンタリーとして放送し好評を博してきました。


2012年からは、このコチキャラの精神を受け継いで、実施形態をより底辺拡大=普及活動にシフトした企画として、新たに「バボキャラ」がスタートしました。

今年で2年目を迎えるこの企画は、昨年からの東北被災3県に加え、東京、大阪、長崎でも新たにスタートしました。各地域のバレーボール活性化と低年齢層のバレーボール競技人口拡大に大いに貢献しています。

詳しくはこちらをご覧ください。
バレーボール・コーチングキャラバン(バボキャラ)

Copyright © Fuji Television Network, Inc. All rights reserved.