フジテレビのCSR活動

2012年度活動報告

2011年度活動報告TOP
TOPICS
環境
社会貢献活動
番組
エコアナ
東日本大震災被災地支援活動報告
防災への取り組み
社会貢献活動報告
環境活動報告
TOP2012年度社会貢献トピックス仙台放送まつりで『ずっとおうえん。プロジェクト』食育イベントを開催
社会貢献トピックス

仙台放送まつりで『ずっとおうえん。プロジェクト』食育イベントを開催

[2012年10月19日更新分]

9月23日(日)の"仙台放送まつり"にて食育イベント「ハロー!どっこくん」を開催しました。

この日はあいにくの雨…当初予定していた「勾当台公園・スポーツコート」から、クリスロード商店街にある「仙台縁日」という仙台放送のイベントスペースへと急遽場所を変更しての実施となりました。


今回の進行役はフジテレビの久代萌美アナウンサーと仙台放送の広瀬修一アナウンサー。

大型の紙芝居に子どもたちは興味津々♪身を乗り出して野菜や果物の名前を積極的に答えてくれました!

そしてこの日は「どっこくん体操」を考案した体操の田中光先生(アトランタ五輪出場)が登場!
おかあさんたちもお子さんたちと一緒に飛んだり跳ねたりして思いっきり体を動かします。

先生のパワーに圧倒されつつも必死に(?)ついていく久代アナと広瀬アナ。

雨にも関わらずたくさんの人が足を運んでくれました。
目で見て感じたり、体を使って体操をしたり…子どもたちの真剣さ、そして思いっきり楽しむ姿がとても印象的なイベントとなりました。

文:佐藤可奈(フジテレビ 総務部)

フジテレビ 久代 萌美アナウンサーからのメッセージ


今回は仙台放送まつりにて、食育イベント「ハロー!どっこくん」のステージ進行をお手伝いしました。

当日はあいにくのお天気となってしまいましたが、会場にはたくさんのちびっこちゃん達が集まってくれました!
うんちはどうやって出来るのか。
どうやったらかっこいいうんちが出るのか。


始めはみんな恥ずかしそうに話を聞いていました。
でも、春夏秋冬のおいしい野菜を探しに行く紙芝居を読んでいると、子どもたちは紙芝居にくぎ付け!

「レンコンはどれか分かるかな~?」
「それそれそれそれ!!!」
と、みんな元気よく指をさしていました。
野菜の呪文を、一生懸命大きな声で叫んでいる姿は、とっても可愛かったです。



最後は体操の時間!!
今回は、体操の田中光先生が来てくださいました。
先生オリジナルの体操と、「どっこくん体操を」行ったのですが、
一生懸命マネをしながら、体を大きく動かす動かす子どもたちの姿が忘れられません。
彼らの純粋無垢な心に、最後は胸を打たれてしまいました。

イベントが終わると、紙芝居で教えた野菜の呪文を唱えている子たちもいて、とても嬉しかったです!
これを機に、好き嫌いをしないで、栄養のある野菜をたくさん食べるようになってくれたら嬉しいです!

文:久代 萌美(フジテレビ アナウンサー)

仙台放送 広瀬 修一アナウンサーからのメッセージ


今回は毎年9月下旬に行っている「仙台放送まつり2012」で食育イベントを開催しました。
「仙台放送まつり」とは、地元の食材を使った出店や人気番組のブースなどを展開して、視聴者の方々と直接触れ合い感謝の思いを伝えるイベント。
「お台場合衆国」の仙台バージョンのようなものですね。

特に今年は仙台放送の開局50周年ということで、例年以上に力を入れて開催しました。
そこにフジテレビCSRの皆さんが参加して下さるということで、とても心強かったです。
しかもアトランタオリンピック体操男子代表・田中光さんがゲストとして駆けつけて下さって元気100倍です。

ただ、「仙台放送まつり」当日は生憎の雨。
急遽イベント会場を、仙台放送祭りの会場から少し離れたアーケード街に場所を移して開くことになりました。
そのため、予定を変更して通り掛かりのお子さんにも参加してもらうことに…
初めはどのくらい集まるか心配しましたが、元気な子どもたちが顔を見せてくれました。
もちろん普段100人以上でイベントを行っている幼稚園や保育園と比べれば少ないものの、元気の良さはどこも一緒。
みんな「どっこくん体操」では飛び跳ねながら力いっぱい体操をしてくれました。

さらに田中光さんがオリジナルダンスを披露して下さったのですが、この激しさ満点のダンスにも競い合うようにノリノリで踊ってくれました。
そして紙芝居の途中のクイズでは一人ひとりのお子さんが、みんなの前に出てきて答えを発表してくれる姿も。
こんなことは小さな会場ならではのこと。

『視聴者の方に触れ合って直接感謝の気持ちを伝えたい』
その思いで開催させて頂いた「仙台放送まつり」でしたが、イベントの最中にこれだけ身近に子どもたちと触れ合えたのは初めてです。
雨が降って心配していましたが、その思いも一瞬にして吹き飛びました。

とっても近くで子どもたちの笑顔を見られたこと、そして触れ合えたこと。
このことは私にとっても大きな財産となりました。
これからも色んな場所で子どもたちと一緒の時間を過ごしていきたいです。

文:広瀬 修一(仙台放送 アナウンサー)

Copyright © Fuji Television Network, Inc. All rights reserved.