フジテレビのCSR活動

2012年度活動報告

2011年度活動報告TOP
TOPICS
環境
社会貢献活動
番組
エコアナ
東日本大震災被災地支援活動報告
防災への取り組み
社会貢献活動報告
環境活動報告
TOP2012年度社会貢献トピックス日本初の劇場版Social Movie 【JAPAN IN A DAY】 が完成!
社会貢献トピックス

日本初の劇場版Social Movie 【JAPAN IN A DAY】 が完成!

[2012年10月3日更新分]

早川 敬之 協力エグゼクティブ・プロデューサー スペシャルコラム

フジテレビには「JAPAN IN A DAY」というプロジェクトがあります。
震災からちょうど1年を経た、今年の3月11日、フジテレビが全世界に呼びかけたものです。
呼びかけた内容は、とても簡単!
「あなたの掛け替えのない日常のひとコマを、撮影してYouTubeに投稿してください。」
というものです。みなさんが投稿してくれた映像を、英国の巨匠リドリー・スコット監督が製作総指揮にたち、一本の映画にまとめようというプロジェクトです。


左が成田監督の後ろ姿。
奥は、これまで数々のハリウッド映画を手がけてきた編集の巨人クリスティーナ。右端が、フィリップ・マーティン監督。
この呼びかけに、なんと全世界から8000件を超える動画が応募されました。
プロポーズの瞬間を送ってくれた人、1年前に津波で家族を亡くした追悼の思いをカメラに向かって語る人、遠くは南極などから映像を投稿してくださった方もいます。

リドリー・スコット監督は、このプロジェクトをはじめるにあたって、撮影を試みるひとりひとりに"パーソナル"な視点を持ち続けて欲しいとメッセージを語っています。全世界から集まった、パーソナルな3月11日の記録。いったい、この映像をつなぎ合わせたときに、私たちは何を感じることができるのでしょう。何を思うことができるのでしょう!


編集スタジオは、ロンドンのエンターティメントの中心地、ウェストエンド。
となりの編集室では、あのティム・バートン監督が最新作の編集をしていました!
一本の映画にまとめる編集作業は、イギリスのロンドンで行われました。いわゆるポスト・プロダクションと呼ばれる編集作業の舵取りを託されたのが、英国のフィリップ・マーティン監督とフジテレビの成田岳監督のふたりの共同監督です。オリンピックに沸く今年、ロンドンのスタジオで膨大な投稿映像との対話を続けるふたりの共同作業が行われました。

左から監督のフィリップ、編集のクリスティーナ、監督の成田、筆者 早川とライン・プロデューサーのサラ プロデューサーのスタッフルーム

日本人が見た3月11日の記録。それを、地球の反対側であるイギリス人の視点からもういちど精査したとき、見えてくるものはいったいなんだったのでしょう。

協力エグゼクティブ・プロデューサーとしての私の感想では、
「2011年3月11日の災害は、日本の東北地方で起きたけれど、
あの災害が提起する問題は、21世紀の人類全体の課題だ。」 ということです。

大規模な自然災害に、人間はどのような地域コミュニティを築くべきなのか?
私たちは地球温暖化にどのように取り組むべきなのか?
そして、21世紀のエネルギー政策はどうあるべきなのか?

いずれも最適な解決策を探すには時間がかかるでしょう。
しかし、わたしには確信があります。
映画「JAPAN IN A DAY」は、この普遍的な問題について、世界のみんなが語りあうきっかけになる、という確信です。






一見解決不能な問題さえも、私たちは議論を通して社会にイノベーションを生み出せるのだと、思っています。イノベーションの源は、「話す」こと。友達や家族、恋人と「話すこと」そのものが、世界を変えるための、エンジンです。

先月末、完成直前の映画の試写を見終わったあと、私は、圧倒的にパーソナルな映像群が作り出す感動からあふれる涙を抑えることができませんでした。こんな映画をみたことは、ありません!同時に、一緒に見終わったスタッフや仲間と、震災のことや、エネルギーのことを、話したくなりました。
みんなでディスカッションするもよし。
心の奥深くで、自分との対話を続けるもよし。

あなたの映像体験を徹底的にリニューアルする映画「JAPAN IN A DAY」は11月3日全国の劇場で公開されます!お楽しみに!

文:早川 敬之(JAPAN IN A DAY 協力エグゼクティブ・プロデューサー)

Copyright © Fuji Television Network, Inc. All rights reserved.