フジテレビのCSR活動

2012年度活動報告

2011年度活動報告TOP
TOPICS
環境
社会貢献活動
番組
エコアナ
東日本大震災被災地支援活動報告
防災への取り組み
社会貢献活動報告
環境活動報告
TOP2012年度社会貢献トピックスここから始まる「みちのく合衆国」~「みちのく合衆国」角谷公英(めざましテレビチーフプロデューザー)団長 スペシャルコラム~
社会貢献トピックス

ここから始まる「みちのく合衆国」

[2012年4月20日更新分]

「みちのく合衆国」角谷公英(めざましテレビチーフプロデューザー)団長 スペシャルコラム

≪前代未聞の無料イベント しかも、被災3県の系列局で同時生放送≫

こんなプロジェクト、誰もやった事がない。合衆国メンバーを再招集し、「前例が無い」事だらけの作戦が始まった。
最も気づかったのは、東京からイベント目当ての客が殺到し、被災地の人たちがイベントに入れなくなる事。そのため、フジテレビでの告知はほぼゼロ。
その代わりに系列3局だけでスポットを流してもらって、東北の人が参加できるような仕組みを作った。


それでも、会場は仙台市内から離れた土地。
「無料だから本当にお客さまが来てくれるのか?」という不安は常に付きまとっていた。

初日、土曜日。天気は雨。「終わったか・・・」そう思って、会場の外に出ると、全てが覆った。まだ開演まで何時間もあるというのに、傘をさした人、人、人!!
しかも、家族連れも多く、みんな朝から盛り上がっている。
この瞬間にイベントの成功を確信した。

3・11から丁度一年と1週間。昨年中止になりかけた「お台場合衆国」を立ち上げた時は「ゴールは東北で」と、漠然として目標を掲げていたが、まさかこんな風に実現するとは夢にも思っていなかった。
会場にあふれる笑顔を見た時、「本当にやって良かった」と涙がこぼれそうになった。
これが実現できたのも、大変だった昨年の夏、「NIPPONを元気にしよう」と420万人もの方がお台場にやってきてくれたおかげである事は間違いない。

当日、被災3県の系列局社長が会場にいらして一堂に会した。
うれしさあまって「来年もやりましょう!」と言ってしまったら、笑顔がこぼれた。

震災後、テレビ局が本気でしかけた被災地支援イベントは、実はこれが最初。
「みちのく」はまだまだ復興が始まったばかり。

僕らがずっと元気にしなければならない、という思いは今も変わらない。

文:角谷公英(フジテレビ 情報制作局・「みちのく合衆国」団長 )

イベント概要 お台場合衆国2011 大感謝イベント みちのく合衆国 ~いつでもNIPPON応援団!~
開催日時 2012年3月17日(土)・18日(日)
料金 入場無料(ステージは抽選で各日6000名様をご招待)
会場 宮城・セキスイハイムスーパーアリーナ(グランディ・21)
主催 フジテレビジョン
共催 宮城県/岩手めんこいテレビ/仙台放送/福島テレビ
協力 岩手県/福島県

■2日間の総来場者数   18,659人

■アリーナでのイベントの内容

★3月17日 バラエティDay


THE MANZAI in みちのく合衆国
昨年の初代THE MANZAI王者のパンクブーブーを始め、博多華丸・大吉やチキチキジョニーなど計8組のファイナリストが集結し、渾身の鉄板ネタを披露。この様子は東北3県で生放送されました。

出演者:パンクブーブー/博多華丸・大吉/エルシャラカーニ/Hi-Hi/チキチキジョニー/
トレンディエンジェル/銀シャリ/ウーマンラッシュアワー

ピカルの定理 公開収録 「コントキャラクター対抗のど自慢大会」
ピース、平成ノブシコブシ、ハライチ、モンスターエンジン、渡辺直美の「ピカルの定理」メンバーが登場。「コントキャラクター対抗のど自慢大会」と題し、人気キャラクターに扮したメンバーがキャラにちなんだ歌を披露し、会場は大いに盛り上がりました。

出演者:ピース/平成ノブシコブシ/ハライチ/モンスターエンジン/渡辺直美


★3月18日 めざましライブDay


昨年夏の「めざましライブ」にも出演した豪華アーティストたちが、宮城に集結!
それぞれに復興への想いを音楽に託し、熱く感動的なライブとなりました。

出演者:郷ひろみ/AI/MONKEY MAJIK/西野カナ/ナオト・インティライミ
オープニングアクト:ルンヒャ

■屋外エリアでのイベント内容


□みちのく合衆国×B-1グランプリ
B級ご当地グルメの祭典「B-1グランプリ」と「みちのく合衆国」の
夢のコラボが実現!用意した約20,000食強が両日ともに完売!
□3県(宮城、岩手、福島)ブース
□マーサ春の歌祭り
□トミドコロ春のハグ祭り
フジテレビこどもおうえんプロジェクト
ガチャピン・ムックとみちのくのなかまたち

Copyright © Fuji Television Network, Inc. All rights reserved.