フジテレビのCSR活動

2011年度活動報告

2011年度活動報告TOP
TOPICS
環境
社会貢献活動
番組
エコアナ
東日本大震災被災地支援活動報告
環境活動報告
社会貢献活動報告
TOP2011年度社会貢献トピックス三井良浩"お天気キャスター"が小学生を対象にお天気の授業!
2011年度社会貢献トピックス

三井良浩"お天気キャスター"が小学生を対象にお天気の授業!

[2011年11月22日更新分]


スーパーニュース』で天気キャスターを担当する
報道局の三井良浩が、10月26日に横浜市立田奈小学校の
5年生を対象に気象情報について講演しました。



写真提供:田奈小学校
小学校5年生では、各教科において気象や災害、報道などが指導の対象になっています。
5年生の教科書を見ると、理科においては雲や気温など気象の基礎知識を学びますが、国語では天気予報ができるまでの説明文や、安政の東海地震・南海地震の復興に尽力された商人の話、アナウンサーを題材に豊かな言葉表現などについて学び、社会科では平成19年の新潟中越沖地震を題材に新聞やテレビなどの災害報道について学びます。

5年生は気象や災害、報道などについてとても多くの授業時間を確保していますが、教科書だけではなく、現場の人の『生の声』を子供たちに聞かせて夢を持たせたいという教員の皆さんの熱意によって講演が実現しました。



写真提供:田奈小学校
アルミの空き缶を火で熱した後、水槽に入れると缶が大きくつぶれてしまう実験を行うと、150名の子供たちは目を丸くして、缶がなぜつぶれたのか真剣に考えていました。
日本語は、雨の降り方一つをとっても、土砂降りの雨、霧雨、通り雨、シトシト雨、お湿りなどたくさんの表現がありますし、春雨、木の芽おこし、五月雨、秋霖、さざんか梅雨、時雨、風花など四季を大切にする日本ならではの季節感ある表現も豊富です。
子供たちの頭の中にもいろいろな表現が湧いたようで、みんな元気よく手を挙げて自分の考えを発言していました。

講演によって子供たちがこれから何かに興味を持ったり、学んだりするきっかけになってくれればと願っています。

文:三井良浩(お天気キャスター・気象予報士 / フジテレビ 報道局)

Copyright © Fuji Television Network, Inc. All rights reserved.