フジテレビのCSR活動

2009年度活動報告

2009年度活動報告TOP
TOPICS
環境
社会貢献活動
番組
報道・情報番組発
エコアナ
環境活動報告
社会貢献活動報告
TOP2009年度社会貢献トピックスリサイクルから生まれたご縁!感謝の気持ちを込めて上映会&朗読会実施
2009年度社会貢献トピックス

リサイクルから生まれたご縁!感謝の気持ちを込めて上映会&朗読会実施

[2010年1月6日更新分]

リサイクルから生まれたご縁!感謝の気持ちを込めて上映会&朗読会実施


12月10日、三鷹市で社会貢献イベント「『にゃんこTHE MOVIE3』上映会&アナウンサー朗読会」を行いました。『にゃんこTHE MOVIE3』上映会とアナウンサー3名の朗読を楽しんでくれたのは、「NPO法人三鷹はなの会・ワークセンター ゆうゆう舎新川作業所」で働く皆さん。この作業所は、知的障害者の就労支援施設です。




今回のイベントときっかけとなったのは、フジテレビの各部局から選抜された『ごみ分別代表委員』を対象にした<フジテレビのビデオテープリサイクルに関する社内勉強会>です。
廃棄ビデオテープをリサイクルするためには、まずテープを分解をしなければなりません。素材ごとに35点に分解していくプロセスは、集中力と熟練を要しますが、この新川作業所で働く皆さんが、年間17万巻ものビデオテープ分解作業にあたってくれているのです。

フジテレビ・メーカー・ゆうゆう舎新川作業所の皆さんとのリサイクルのためのコラボレーションは、2000年にスタートし間もなく10年を迎えます。今回は、感謝の気持ちを込めて、「『にゃんこTHE MOVIE3』上映会&アナウンサー朗読会」を実施しました。



会場は通常皆さんが作業にあたっているスペース。工具の片付けなど前日の準備が大変だったでしょう。『にゃんこTHE MOVIE3』を観ながら、猫たちを笑ったりからかったりしてくださった皆さん、気分転換になりましたか?

武田祐子アナウンサーからのメッセージ

一年間で17万巻が廃棄されるというフジテレビの放送用ビデオテープ。
それをリサイクルするために、全て手作業で分解してくれている方々がいると聞き、お礼と感謝の気持ちを込めて、師走の三鷹を訪れた。


一階作業場の壁には、ビデオテープが分解される過程がわかりやすいように展示されている。単にビデオテープといっても、こうして見ると小さい部品がやたらと多く、手を傷つけたりしないか心配で聞いてみたところ、笑顔で「大丈夫ですっ!」と明るく元気な返事が。
なんだか嬉しくなった。

階段の壁には、フジテレビを訪れた際の絵も飾ってあった。青い犬のラフくんの絵もあり、皆さん特別な思いを持ってお台場に来てくれた気持ちが伝わってくる。
またしても、なんだか嬉しくなった。


私が朗読したのは、「ソメコとオニ」と「スイミー」。
もしもツアーズを見てくれている方が大勢いたので、“ソメコの声”をもしツア風にしてみたら、笑ったり感動してくれる方がいたり…と様々な反応が。 テレビでは味わえない、直接向き合ってならではの感触で、これまた嬉しい。

最後は玄関前で記念撮影。
寒い中、皆さん何枚も応じて下さって、ありがとうございました!
こうしている間にも、フジテレビのビデオテープはどんどんリサイクルされているのである。

文:武田祐子(フジテレビアナウンサー)

川野良子アナウンサーからのメッセージ

黄色くなったイチョウの葉が太陽に輝いてまぶしいくらいの日に、私達はこちらの作業所にお邪魔しました。


公園と住宅に囲まれた、とても閑静なところに作業所はあります。
1階では放送局用のビデオテープの解体作業、2階では小物などの作成作業をしているとのこと。細かい部品を扱うことも多く、「肩が凝るんです」というお話もありました。
当日は作業の手を休めて頂いて、普段は作業場となっているところをお借りして朗読しました。



私が朗読したのは新見南吉さんの「でんでんむし」。
子ども向けの絵本朗読の経験は何回かありますが、今回はまた違った雰囲気。「子ども向けに“読み聞かせる”」というより、普段作業場となっているところで、少しでもリラックスして頂けたら、そんな気持ちを心がけました。

私以外にも、武田アナ・榎並アナの朗読もありましたが、朗読後に感動して泣いている方もいらっしゃったんですよ!最後は、みんなで記念撮影もし、人気者の榎並アナは、ツーショット写真をお願いされていました!

普段は細かい作業で根を詰めることも多いかと思いますが、そんなみなさんにホッと一息つける時間を提供出来ていたらいいな、と思います。
みなさん、これからもよろしくお願い致します!!

文:川野良子(フジテレビアナウンサー)

榎並大二郎アナウンサーからのメッセージ

読み聞かせ初体験、ドキドキでした・・・。

会場となる作業所に到着すると、寒風吹きすさぶ中、みなさんが外に出て迎えて下さいました。
作業所内の壁には絵日記や写真、みなさんが製作した小物入れや分解したビデオテープの部品(本当に細かい!)が展示されていて、明るくアットホームな雰囲気でした。



にゃんこTHE MOVIE3』の上映会が終わり、いよいよ読み聞かせ。
私が朗読したのは、絵本「スイミー」と童話「ひいふう山の風の神」。

聴いているみなさんの頭の中に作品の情景が浮かび上がるように、心がけた…つもり…です。 読み始めは緊張しましたが、皆さんがしっかり聴いて下さっているのが伝わってきて、とても読みやすかったです。


お土産に小物入れを頂きました。作業所の雰囲気と同じように、温かみのある色合いと手触りでした。
新川作業所の皆さん、ありがとうございました。
次にお邪魔するときは、もっと上手に朗読できるようになっている、予定です!

文:榎並大二郎(フジテレビアナウンサー)

Copyright © Fuji Television Network, Inc. All rights reserved.