フジテレビのCSR活動

2008年度活動報告

2008年度活動報告TOP
TOPICS
環境
社会貢献活動
番組
報道・情報番組発
エコアナ
環境活動報告
社会貢献活動報告
TOP2008年度報道・情報番組発トピックスFNNスーパーニュースWEEKEND スーパーエコ住宅
2008年度報道・情報番組発トピックス

FNNスーパーニュースWEEKEND (土曜・日曜17時30分~18時00分放送)

[2008年6月2日更新分]

スーパーエコ住宅


群馬県太田市に建てられた
"スーパーエコハウス"

(2008年5月17日放送)
世界的にCO2排出削減が進む中、家庭での取り組みは産業に比べ大幅に遅れています。その量は全体の13.5%!そこで最新エコ住宅事情を取材しました。

群馬県太田市にあるこの住宅、その名もスーパーエコハウスは、ほとんど自然エネルギーだけで賄っている究極の省エネ住宅なんです。従来の4~5倍の効率でお湯が得られる太陽熱温水器、太陽のエネルギーで電気を作るソーラーパネル、そして断熱性を高めるために窓はすべて2重ガラスでサッシには樹脂を使っています。


"ソーラーウォール"と
呼ばれる自然暖房システム

一方、こちらはソーラーウォールと呼ばれる無数の小さな孔が空いたアルミパネル。寒い季節にはこの孔から取り込んだ空気を太陽熱と輻射熱で温め、ファンを通して室内に送り込むというシステム。温風は気温+35度まで上がるので、畳1畳ほどのソーラーウォールで8~10畳の部屋が温まります。しかもメンテナンスがほとんど必要ありません。学校などの公共施設だけでなく一般家庭でも使われ始めています。

太田市は世界一を誇るエコな住宅地でもあるんです。
高さ20mのクレーン車から見えたもの、それは・・・
見渡す限りの住宅にソーラーパネルが設置してある壮観な眺め!ここは世界一のソーラータウンなんです。太田市では特別に国からの補助金でソーラーパネルを設置できたため、現在553世帯が取り入れています。


一面ソーラーパネルの
設置された太田市の住宅を
見渡す安倍解説委員

一方、注目の燃料電池の実用化も進んでいます。家庭用燃料電池の仕組みは都市ガスから水素を取り出し酸素と化学反応させて電気を作ります。発電と同時に熱でお湯も作れるのでCO2の排出量は約45%減に!昨年11月から使用している関口さんによりますと、3月の電気使用量は154kW、ガスで発電した電気は539kW。電気代4078円、ガス代9500円(定額)でトータルで割安になっているようです。

続々登場している最新エコ技術、今後の普及が課題です。

Copyright © Fuji Television Network, Inc. All rights reserved.