フジテレビのCSR活動

2007年度活動報告

2007年度活動報告TOP
環境活動報告
社会貢献活動報告
TOP2007年活動報告TOP環境活動新スタジオにおける環境対策の促進
2007年度 環境活動

新スタジオにおける環境対策の促進

フジテレビでは、2007年秋の運用を目指し開局50周年記念事業として「臨海副都心スタジオ(仮称)」の建設を進めています。新スタジオでは、環境負荷を低減するため最新の環境配慮技術が導入され、おおむね2割程度のエネルギー消費量軽減が達成される見込みとなっています。

環境配慮建築技術の導入


■環境配慮建築技術の導入 【外壁:ダブルスキン構造の導入】
外壁を内壁(内層)、外壁(外層)の2重構造として、空調効率(熱負荷の軽減)を向上させ、省エネを促進します。

【細分化空調システムの導入】
事務スペース空調に細分化制御システムを導入。空調効率を向上させ、省エネを促進します。

【温度成層形成空調システムの導入】
スタジオの大空間に温度成層形成空調システムを導入。空調効率を向上させ省エネを促進します。

【省エネ照明システムの導入】
昼間の自然光を全面的に利用し、室内照明の効率化を図るとともに、無人時消灯システムを導入して省エネを促進します。

新照明システムの開発・採用


新照明システム(パッケージ照明昇降装置)を開発(意匠登録済・特許出願中)、新スタジオに初導入しコストダウンとともに、安全性・作業効率の向上と省資源・省エネを促進します。

映像・音声システムの効率的運用


各スタジオを汎用スタジオとせず、システムの効率化を実現することにより、同規模(約300坪)の本社V4スタジオと比べて、新スタジオのM1(バラエティ専用)スタジオで約3割、D1(ドラマ専用)スタジオで5割以上の定格消費電力が削減可能となる見込みです。

自然エネルギー外構照明の採用


新スタジオにおける環境配慮のシンボルとして、スタジオ外構に風力、太陽エネルギー照明を導入予定で、地球温暖化防止等に関する啓発、普及活動としても寄与します。

Copyright © Fuji Television Network, Inc. All rights reserved.