フジテレビのCSR活動

2007年度活動報告

2007年度活動報告TOP
環境活動報告
社会貢献活動報告
TOP2007年活動報告TOP社会貢献活動LIVE2007ニュースJAPAN 時代のカルテ 肝炎患者に迫る危機
2007年度 社会貢献活動

LIVE2007ニュースJAPAN (月曜~木曜23時30分~23時55分 金曜23時58分~24時23分放送)

時代のカルテ 肝炎患者に迫る危機

(2007年5月4日放送)

薬害C型肝炎訴訟の原告・浅倉美津子さん(50代)が現在受けている治療は、『グリチルリチン製剤』(=通称“強ミノ”)の注射で、費用は月額で約5千円。本当はC型肝炎を完治できる『ペグインターフェロン&リバビリン療法』を受けたい。しかし、現在の十倍以上(月額5~7万円)になる費用が工面できずに断念しました。

「このまま私は息絶えることになる。未来が想像できない」

日本大学の森山光彦教授は、「50歳以上の患者は、あと5年、10年で肝硬変に進行する人が多い。インターフェロン治療で命を救うことができるので、治療費の補助制度を国家プロジェクトで行うべき」と指摘しています。

番組ホームページへ

Copyright © Fuji Television Network, Inc. All rights reserved.