テレビ番組制作会社の皆様へ

フジテレビと制作会社とのパートナーシップに関するガイドライン

 私たちが信頼される番組を制作していくためには、制作会社とのよきパートナーシップを確立し、制作会社の意思・意向を十分に尊重することが重要です。番組を制作・発注する立場にあるテレビ局が自らに最終的な放送責任があることを忘れ、テレビ局側の事情を一方的に制作会社に押し付けるとき、<捏造・やらせ>等あってはならない事態が起きたり、制作現場での安全性を確保できず事故が起きやすくなります。
 フジテレビでは、制作会社をパートナーとして、社会に信頼される良質な番組を制作していくためのガイドラインをここに定めます。

1(宣言)

制作会社はフジテレビのよきパートナーであり、両者は協力して、全番組スタッフ及び関係者に法令・株式会社フジテレビジョン番組基準及び社団法人日本民間放送連盟放送基準・制作に関する契約書等を遵守した番組制作を行う意識を徹底させ、制作環境の向上を目指し、より社会に信頼される良質な番組を制作していくように努める。

2(制作前の合意)

フジテレビと制作会社は、企画内容・制作予算・制作スケジュール・権利の帰属および配分等に関して両者で検討・合意してから番組制作にあたるように努める。

3(制作中の合意変更)

2条の合意にかかわらず、制作過程で合意事項を変更をせざるを得ない場合や、予測不可能な事態が生じた場合には、制作会社は速やかにフジテレビに報告する。報告を受けた場合、フジテレビは合意事項の変更等、誠意をもって速やかに対応する。

4(制作過程での点検)

フジテレビプロデューサーは、番組に対して最終的な放送責任があることを自覚し、制作状況を詳細に把握するように努める。
制作のいかなる過程を問わず、違法行為や不正や危険性等が発生した場合には、制作会社はフジテレビに報告する。
フジテレビプロデューサーは、番組の内容に違法行為や不正や危険性等があると判断した場合には、制作会社及び番組関係者等に、より詳細な報告を求めるなど必要な措置を行う。
その場合、フジテレビと制作会社は協議した上、速やかに対応する。

5(番組に対するクレーム等)

制作中、放送中、放送後を問わず、番組に対するクレームがあった場合、制作会社はフジテレビに対し、速やかに報告をするように努める。
クレームに対しては、フジテレビと制作会社が協議し両者協力して問題の解決にあたるようにする。

6(番組制作発注者としての立場の自覚)

フジテレビは制作会社に対し番組を発注し制作する立場にあることを自覚し、上記各条項において、制作会社の報告等に対し不当な扱いをしてはならない。

 フジテレビは、本ガイドラインを制作会社に開示し、その実効性を高めるように努めるとともに、プロデューサー研修や番組ごとのスタッフ及び関係者による番組全体会議などを適時適切に実施する。
 また、フジテレビ社員は番組制作スタッフであるか否かにかかわらず、番組に対して率直に意見が言える勇気を持たなければならない。

「パートナーシップに関するガイドライン」が守られていない等、フジテレビ社員の制作会社の皆様への向き合い方に関して、お気付きの点がございましたら、編成部の宮道・保原・山本までご連絡頂きますようお願い申し上げます。
また、編成部を通さず直接、御意見を伺うこともできるよう、
適正業務推進室に相談ダイヤル(03-5500-8547)も設けております。
ご相談・ご連絡につきましては 決して皆様の不利益にならないように配慮いたします。

2016年7月