6/18放送「街に活気を!切り絵行灯」流山市
手づくり切り絵行灯、風情ある街並みを散策してみませんか。


歴史ある建物が残る流山市から、
街を照らし出す「切り絵行灯」が今回の贈り物。

味ある絵柄や文字を切り絵にしているのは
この地で生まれ育った飯田信義さん。




雨対策も施した本体は、
幼なじみの長谷部年春さんが担当。
趣味で始めた切り絵の技術を生かし、
ボランティアで行っています。
2人だけで90基を製作してきました。



依頼者の想いに沿って描いた原画を、
そのまま切り絵にしていくので、
世界にひとつ、オリジナルの行灯に仕上がります。

地元を愛する二人が作る切り絵行灯、
温もりも感じられますね。


イメージ1



イメージ2



イメージ3

まごころインフォメーション 地図にもどる
流山市役所 流山本町・利根川運河ツーリズム推進課
 千葉市流山市平和台1-1-1
 04-7168-1047
 ・流山本町の切り絵行灯を紹介するガイドブックが、
  流山市役所などで無料配布されています。

千葉の贈り物

千葉県インターネット放送局

これまでの贈り物

千葉まごころMAP(2016.04 〜 2017.03 放送)はコチラ!