stamp 主旨と概要 FNSチャリティキャンペーン
line
子供たち 放送事業者でもあるテレビ局は、法令やルールを遵守することだけにとどまらず、より高い公共性と放送倫理の使命感を強く持ち、社会からの共感や信頼を得ることが重要と考えています。フジテレビは、放送事業の公共的使命と社会的責任を果たし、高い倫理観を持って行動していくことを念頭に置き、国際社会への貢献活動の一つとして、1974年にユニセフと協力し、フジテレビ系列28局からなるFNSチャリティキャンペーンを立ち上げました。

子供たち FNSチャリティキャンペーンの支援テーマは、2007年度まで『アジア・アフリカの恵まれない子どもを救おう』でしたが、創設35年目を迎えた2008年度より、アジア・アフリカを含めた世界の子どもたちの生活に目を向け、貧困や差別、また、HIV/エイズに苦しむ子どもたちのための支援を行なうことにしました。そこで支援テーマを一新し『世界の子どもたちの笑顔のために』としました。これは協力関係にあるユニセフ本来の考え方でもあり、FNSチャリティキャンペーンとしても『アジア・アフリカ』だけではない『世界の子どもたち』への支援を訴えていくことにしました。
 
FNSチャリティキャンペーンでは、今後もご支援くださる皆様と一緒に、一人でも多くの世界の子どもたちが『笑顔』を取り戻せるよう、貧困・差別・HIV/エイズに苦しむ子どもたちの手助けになるよう支援活動を続けてまいります。
皆様方のご理解と、温かいご支援を心よりお願いいたします。

なお、過去の支援国や支援額、そして近年、皆様の寄付金がどのように使われてきたかについて、このホームページに記載しましたので、参照していただければと思います。 子供たち
top
コピー禁止 フジテレビホームページに掲載されている写真はすべて著作権管理ソフトで保護され、掲載期限を過ぎたものについては削除されます。無断で転載、加工などを行うと、著作権に基づく処罰の対象になる場合もあります。
『フジテレビホームページをご利用される方へ』のページもお読み下さい。
copyright