サモア、スマトラ支援募金のご協力ありがとうございました
皆様からの募金は締め切らせていただきました
9月29日に南太平洋のサモアでM8.0の地震が発生、さらに9月30日にはインドネシア西部スマトラでM7.6の地震が発生しました。

9月29日に発生した南太平洋サモア沖を震源とする大地震の影響で津波に襲われたサモア南部では、小学校4校と中学校1校が全壊。これらの学校に通っていた約1,100人の子どもたちが影響を受けました。教室、トイレ、水飲み場がこの災害により破壊されました。倒壊した学校には、ガラスや鉄材などの破片も散らばっており、臨時の教室として使用するには非常に危険な状態でした。

また、インドネシア国家防災庁の公式発表によると、9月30日のスマトラ島の震災の死者は1,000人以上にのぼるとのことです。被災した多くの子どもたちは、両親や親戚、友人、知り合いの人々を亡くしています。中には、震災後この地を離れなければならなくなった子どもたちもいるそうです。インドネシア政府の推定によると、この地震の影響を受けた100万人以上の人々のうち、3分の1が子どもたちであると見られています。

こうした状況を受け、FNSチャリティキャンペーンでは、サモア、スマトラ支援募金を2009年11月30日まで行ってきました。
その結果、総募金額は178,423円となりました。
皆様方のご支援に心より感謝いたします。

皆様より寄せられた寄付金は、全額を(財)日本ユニセフ協会を通じ、被災地のユニセフに送り、復興のために役立たせていただきます。

2009年12月7日
FNSチャリティキャンペーン事務局
tomei.gif
TOP
このページに掲載されている写真はすべて著作権管理ソフトで保護され、掲載期限を過ぎたものについては削除されます。無断で転載、加工などを行うと、著作権に基づく処罰の対象になる場合もあります。 なお、『フジテレビホームページをご利用される方へ』もご覧下さい。
フジテレビホームページをご利用される方へ