インタビュー

#9

ハカセ役 六角精児
『武道館』の物語をどのように感じますか?
最初に朝井リョウさんが書かれた原作を読んだ時に、“自分にとって何が大切か”ということをアイドルというフィルターを通して伝えている物語だなと感じました。それは我々の世代の人間でも考えしまうことがある、ある意味、普遍のテーマだと思うんです。
NEXT YOUに家族、恋愛、仲間、自分のやりたいことといった大事なものがあるように、受け取る側にもそれに相当する大事なものがあって。人間の深い部分が描かれている、とてもおもしろい物語だなと感じました。
アイドルの存在についてはどのように思いますか?
NEXT YOUに限らず、アイドルは人にエネルギーを与える存在であり、そういう職業というのは一定の年代しかできないこと。今しかできないことをやっている旬の子たちというのは本当にイキイキしているし、それはとても素晴らしいことだと思います。
この物語ではアイドルが恋愛に悩んだりする姿など、裏側の部分も描かれています。
すごく難しいですね。本人たちは大変だなと思うんです。恋愛はしてはいけないと言うけど、恋愛したい時期だろうし、むしろしなくてはいけない時期でもあると思うから。一方でファンの気持ちもわからなくもない。きれいごとを言えば、ファンならそれも理解してあげるべきなんでしょうが、本当に好きならそう簡単にはわりきれないことで。そのバランスが本当に難しいなと思います。
ハカセは愛子のファンですよね。ハカセの応援の仕方はどう思いますか?

ハカセの場合は年齢も重ねているし、リアルな恋愛対象というよりは見守るという形でNEXT YOUを見ている気がします。まさに、応援という言葉がピッタリかもしれません。この物語でいえば、客観的なポジションでもあります。アイドルもファンも熱意のある部分を映している物語だけど、その中で客観的に応援しているハカセは、逆にリアリティを感じます。きっとハカセは、これまでもいろんなことを経験してると思うんですよ。だから彼女たちを熱心に応援しつつも、何があっても「こうなったか」と冷静に受け止めることができるのかなと。
それと同時に、どうしても叶えたい目標や夢がある中でどう突き進んでいけばいいのか悩み、戸惑う彼女たちのことをしっかりと理解しているハカセは、もしかしたら朝井リョウさんのアイドルの見方が投影されている人物なのかもしれないなと感じています。

ハカセは、ほぼ1人パソコンと向き合ってるシーンになりますが、撮影や現場の雰囲気はいかがですか?
僕はこの撮影スタイルに慣れてますから(笑)。現場ではキャストが僕1人なので、そのぶんスタッフの皆さんともゆっくり接することができるし、のんびりとした環境で『武道館』の雰囲気を味わえています。これはこれで楽しいですよ。
Juice=Juiceの方とは話されましたか?
ほとんど会えていないけど、ライブシーンで会った時は「おはようございます。よろしくおねがいします!」と挨拶をしてくれました。とても礼儀正しいし、元気で明るい子たちだなという印象です。
ちなみに、六角さんはアイドルに夢中になった経験はありますか?
僕はないですね。小学高学年でビートルズに、中学生でボブ・ディランに夢中になっていたので。女性だと中学生の頃にジョーン・バエズが好きでした。高校生の時にキャンディーズやピンクレディーがすごい人気で歌は自然に耳には入ってきましたが、ハカセのようにアイドルを必死で追いかけるという経験は僕にはなかったです。
これまでアイドルとは無縁だったので、今回の撮影でJuice=Juiceさんのライブイベントに行き、彼女たちがパフォーマンスをしているのをファンも一緒になって汗をかいて見て、お互いのエネルギーのやりとりを楽しんでいるような気がしました。初めてアイドルのライブを見た感想としては、スポーツのようで想像以上に健全でしたね(笑)。
最後に六角さんの感じるこの作品の魅力、視聴者の方にメッセージをお願いします。

僕は、人間はいつの時代も、どんな世代でも、どんな立場にあっても悩んでいる生き物だと思うんです。この物語はアイドルも、ファンも、事務所の人たちも、みんな悩んでるんだってことがわかる作品であり、同時に仲間の大切さも描かれているのが魅力だと感じています。どんなに悩んでも、つらくてもそれを支えてくれる仲間やファンは必ずいる。NEXT YOUにとってのメンバーやファンのように、見ている人にも同じ存在の人がいるはず。今は周りに自分の気持ちをちゃんと言えない人が多いと言われているけど、気持ちをちゃんと伝えることができたら、人間は1人じゃないんだっていうのがわかると思うんです。
あとは、みんな悩みもたくさんあるし、どうすればいいかわからなくなる時もあるけど、最終的には自分の好きな道を行くべきだってことが示されているのかなと。そういうことが少しでも伝われば素敵だなと思います。

  • #10
  • #9
  • #8
  • #7
  • #6
  • #5
  • #4
  • #3
  • #2
  • #1