僕のいた時間 2014年1月水曜よる10時 放送スタート

  • INTRODUCTION
  • TOPICS
  • CAST " STAFF
  • MESSAGE

INTRODUCTION イントロダクション

三浦春馬さんがフジテレビ連続ドラマ初の単独主演!! “命の大切さ”とは?“自分らしく生きる”とは? 難病に立ち向かい、今を生きる若者の姿をリアルに描く!! 多部未華子さん、斎藤工さん、山本美月さんほか 豪華キャストでお届けするヒューマンストーリー

『僕のいた時間』  2014年1月スタート毎週(水)午後10時から10時54分

主人公がALSという難病と闘うヒューマンドラマ『僕のいた時間』が、来春1月水曜夜10時からスタートします。主演はフジテレビ連続ドラマ初の単独主演となる三浦春馬さんです。

三浦さんが演じるのは、筋肉が徐々に衰えて呼吸困難に陥り、最終的には人工呼吸器をつけないと死に至ってしまう病気・ALS(筋萎縮性側索硬化症<きんいしゅくせいそくさくこうかしょう>)という難病と闘う澤田拓人(さわだたくと)
生きる目的を漠然としか考えていなかった若者である澤田拓人が、自分の余命がわずかだと知り、残された人生を模索していくという物語です。
今を生きる若者が、難病に侵され、命のリミットがあると初めて意識した時、恋人とはどう向き合うのでしょうか?家族とはどう向き合うのでしょうか?

共演陣も豪華な顔ぶれがそろいました。拓人と同様になかなか就職先がみつからず途方に暮れている大学の同級生、本郷恵(ほんごうめぐみ)役を多部未華子さん、就職活動がうまくいかず大学院へ進んだ拓人の兄貴的存在でもある先輩、向井繁之(むかいしげゆき)役には斎藤工さん、そして恵の友達である村山陽菜(むらやまひな)役に山本美月さんが決定。さらに、医学部に入学が決まっている拓人の弟、澤田陸人(さわだりくと)役に野村周平さん、拓人の主治医、谷本医師役には吹越満さん、そして恵の母親である本郷翔子(ほんごうしょうこ)役には浅田美代子さん、さらに主人公・拓人の母親、澤田佐和子(さわださわこ)役に原田美枝子さんが決定しています!

脚本を手がけるのは『僕の生きる道』『僕と彼女と彼女の生きる道』『僕の歩く道』『フリーター、家を買う。』など多数のヒューマンドラマの名作を描いてきた橋部敦子さん。時に切なく、そしてハートウォーミングに数々の名作ドラマを手がけてきた橋部敦子さんが描く、主人公たちの苦悩や葛藤の姿も今回のドラマのみどころのひとつです。

登場人物

「このドラマは“今を生きる”若者を描くドラマです。今の若者達が直面する様々な悩みやALSという難病に、もがきながらも懸命に生きる青年の姿を描くことで“命の大切さ”“自分らしく生きる”というテーマを観ていただく方々に考えるきっかけになるようなドラマにしたいと思います。脚本家の橋部敦子さんが紡ぐ今を生きる若者を、今、最も輝いている役者のひとりである三浦春馬さんが演じることで素晴らしい化学反応が起こると思っています。これから真摯に制作して行きたいと思います」

プロデュ-サー・後藤博幸(フジテレビドラマ制作部)より

「テーマは、“生きるとは”です。普段、何気なく毎日を送る私たちですが、生きるということは決して当たり前じゃないということに気づき、人の命の重さというものに向き合ったときに、1日1日の重みや感じ方が違ってくるように思います。自分たちも含め、今を生きる全ての人たちへ、“生きる”ということは何か、“生きる”ことは、辛さや難しさもたくさんあるけれども、それでも楽しさや幸せや自分らしさを見出だせるような、そんなドラマになれるようにスタッフ&キャスト一同、全力で取り組みたいと思います」

現代に生きる若者の気持ちをリアルに映し出し、
視聴者と共に考える等身大のドラマ『僕のいた時間』。

“笑って”、“泣いて”、“自分らしく”生きていく…
生き方が雑で軽かった若者が、命のリミットを意識し、
前向きに生きていく姿をハートウォーミングに描く
ヒューマンストーリー、2014年1月スタートの水曜夜10時ドラマ
『僕のいた時間』にご期待ください!!

Pagetop

(c)Fuji Television Network, Inc. All Rights Reserved.