銭の戦争

第8回 2015年2月24日(火)放送 あらすじ

新たな敵 本当の悪は誰だ…愛に翻弄される女

ホワイト化学が経営難に陥った裏に、早和子(ジュディ・オング)の思惑があったことを知った富生(草なぎ剛)は怒りを抑えきれない。赤松(渡部篤郎)は、そんな富生をけしかけるかのように、早和子と特許庁の水越(浅野和之)という男が手を組み、ホワイト化学が出願した特許が下りないよう、画策していたことを教える。
翌日、青池ファイナンスの人間を装い水越を訪ねた富生は、ホワイト化学の件で捜査が入るかもしれないと揺さぶりをかけ、さらに、水越が早和子から金を受け取った証拠をつかもうと、彼の行動を徹底的に調べ始める。赤松と手を組むことに反対しながらも、富生が再びむちゃをしないか心配な未央(大島優子)もまた、ある場所へと潜入して……。
同じ頃、富生から話を聞いて早和子を信じられなくなった梢(木村文乃)は、独自に社内の金の流れを調べ始める。そして、早和子が隠してきた重大な秘密を知り、がくぜんとする。
そんなある日、富生のもとに水越と青池ファイナンスが接触するとの情報が入るが、何者かに尾行されていることに気付いた水越は接触直前に姿を消してしまう。あきらめかけたそのとき、富生の携帯が鳴り、出ると相手は未央。「今、水越を追いかけてる」――。その声を聞いた富生は、「水越には近づくな!」と告げ、慌ててその後を追うが……。

スタッフ

【原作】
「銭の戦争」パク・イングォン著

【脚本】
後藤法子(『チーム・バチスタ』シリーズ、『アテンションプリーズ』)

【演出】
三宅喜重(『37歳で医者になった僕』、『白い春』、僕シリーズ)
白木啓一郎(『GTO』、『幽かな彼女』、『リアル・クローズ』)
鈴木浩介(『SAKURA~事件を聞く女~』、『スターマン・この星の恋』)

【チーフプロデューサー】
笠置高弘(『グッドライフ』、『天体観測』、映画『サヨナライツカ』)

【プロデューサー】
三宅喜重
河西秀幸(『GTO』、『スターマン・この星の恋』、『ハングリー!』)

【音楽】
菅野祐悟(『37歳で医者になった僕』、『昼顔』、『ガリレオ』、『SP』)

【制作】
関西テレビ

オススメ番組