銭の戦争

第10回 2015年3月10日(火)放送 あらすじ

拡大SP 強奪20億…倍に稼いで父の会社を取り戻せ!復讐終結へ

赤松(渡部篤郎)から奪った20億にもかかわらず、その金を増やそうと考えた富生(草なぎ剛)は、かつての上司・黒田(飯田基祐)を訪ね、利益の一部を渡すことを条件にインサイダー取引をもちかける。一方、怒りに震える赤松は、桜田(高田翔)たちを紺野家やホワイト化学に向かわせ、血眼になって金の在りかを探していた。そんななか、ふと富生の経歴を思い出した赤松は黒田に接触。富生が金を増やそうとしていることを知り、不敵な笑みを浮かべて…。
その頃、早和子(ジュディ・オング)の自首により脱税が明らかになった青池ファイナンスでは、弁護士から追徴課税が50億円に上ると聞いた梢(木村文乃)が頭をかかえていた。今すぐ現金が必要な梢は、富生に40億円でホワイト化学を売ってほしいと提案され、その提案を受け入れる。
数日後、喫茶店に呼び出された富生は、黒田から株価が確実に上がる会社の情報を教えてもらうが、少し離れたところでその話を赤松が聞いていた。そうとは知らず、紺野家に戻り、黒田から聞いた情報を元に株を買おうとする富生。しかし、話を聞いた未央(大島優子)は、今まさに犯罪行為に手を出そうとしている富生を見ていられず、思わず頬をたたいてしまう。

スタッフ

【原作】
「銭の戦争」 パク・イングォン著

【脚本】
後藤法子(『チーム・バチスタ』シリーズ、『アテンションプリーズ』)

【演出】
三宅喜重(『37歳で医者になった僕』、『白い春』、僕シリーズ)
白木啓一郎(『GTO』、『幽かな彼女』、『リアル・クローズ』)
鈴木浩介(『SAKURA~事件を聞く女~』、『スターマン・この星の恋』)

【チーフプロデューサー】
笠置高弘(『グッドライフ』、『天体観測』、映画『サヨナライツカ』)

【プロデューサー】
三宅喜重
河西秀幸(『GTO』、『スターマン・この星の恋』、『ハングリー!』)

【音楽】
菅野祐悟(『37歳で医者になった僕』、『昼顔』、『ガリレオ』、『SP』)

【制作】
関西テレビ

オススメ番組