山田くんと7人の魔女

第5回 2013年9月7日(土)放送 あらすじ

ミライトウシ

滝川ノア(松井愛莉)から聞いた『魔女伝説・下巻』のノートがあるという場所に向かっていた山田竜(山本裕典)は猿島マリア(小島藤子)に呼び止められる。一時も早くノートを手に入れたい山田は「この先、行っちゃダメよ!」というマリアを尻目に目的の場所へ侵入するが、生徒会長の山崎春馬(徳山秀典)に見つかり、罰として海辺のゴミ拾いを命じられる。
宮村虎之介(井出卓也)は、山田のゴミ拾いに便乗して超常現象研究部の海合宿を企画する。合宿には白石うらら(西内まりや)、伊藤雅(トリンドル玲奈)の他、“海には沢山の水着女子が必要”という思惑の宮村に誘われた大塚芽子(美山加恋)とマリアも参加していた。
その後、一同は宮村家別荘に移動。そこでマリアは、予定表に書かれていた『魔女伝説』という文字に関心を示す。宮村の説明に驚くマリア。その隣で「あ、こいつ多分魔女」と山田が言い放つ。
海外生活が長かったマリアにとって“キス”は挨拶代りだったが、能力が原因で辛い経験をしてからは誰ともキスをしたくなかった。しかし、隠し続けていた能力の話をして、気が緩んだのか、部屋に戻ろうとした時、ついつい隣にいた山田にキスをしてしまう!と、その瞬間、恐怖で山田とマリアの表情が凍りつく…。
すぐに別荘を後にする一同。超常現象研究部の部室に戻り、うららの身の危険が回避されたかどうかを確かめようとする山田とマリアだったが…。

キャスト

白石うらら:西内まりや
山田竜:山本裕典

伊藤雅:トリンドル玲奈
宮村虎之介:井出卓也
小田切寧々:大野いと
五十嵐潮:間宮祥太朗
大塚芽子:美山加恋
滝川ノア:松井愛莉
猿島マリア:小島藤子
猪瀬潤:永江祐貴

飛鳥美琴:小林涼子
山崎春馬:徳山秀典

ほか

スタッフ

【原作】
吉河美希「山田くんと7人の魔女」(週刊少年マガジン連載中)

【脚本】
小川真

【編成企画】
清水一幸

【企画協力】
鹿内植

【プロデュース】
柳川由起子(共同テレビ)

【演出】
星護(共同テレビ)
高丸雅隆(共同テレビ)

【音楽】
佐橋俊彦

【制作】
フジテレビ

【制作著作】
共同テレビ

オススメ番組