山田くんと7人の魔女

第4回 2013年8月31日(土)放送 あらすじ

トラウマ

魔女同士がキスをしても“特殊能力”にかからないことを発見した超常現象研究部。『テレパシー』の能力を持つ大塚芽子(美山加恋)から聞いた、“キスをしたのに気持ちが読み取れなかった”滝川ノア(松井愛莉)は魔女に違いない、そう考えた山田竜(山本裕典)はノアの持つ魔女の能力について調べる為、すぐに行動に移す。
その頃、生徒会室では校内で最近頻繁に起こっている“ある事件”について対策が練られていた。被害にあった生徒の名簿を見ていた飛鳥美琴(小林涼子)は、被害者がいずれも同じ中学出身の1年生であることに気づく。生徒会長の山崎春馬(徳山秀典)は、次に狙われる可能性が高い同じ中学出身の1年生で残る1人、ノアをマークして事件を未然に防ぐように、宮村虎之介(井出卓也)と小田切寧々(大野いと)に命じる。
次期生徒会長の座を狙う宮村は、同じ超常現象研究部の白石うらら(西内まりや)と伊藤雅(トリンドル玲奈)そして山田に協力を仰ぐ。そんな矢先、うららはノアから呼び出しを受けるが、不審に思った山田はある作戦を立てた…。
山田の考えた作戦が功を奏し、事件の犯人からノアの能力を聞き出した山田だったが、その能力の使い方に憤りを隠せなかった。山田はノアに詰め寄り、一気にまくしたてるが「じゃあ、教えてあげる」とノアにキスをされた瞬間、動けなくなってしまう…。その時、山田が見たものとは、はたして何なのか!?

キャスト

白石うらら:西内まりや
山田竜:山本裕典
     ・
伊藤雅:トリンドル玲奈
宮村虎之介:井出卓也
小田切寧々:大野いと
五十嵐潮:間宮祥太朗
大塚芽子:美山加恋
滝川ノア:松井愛莉
猿島マリア:小島藤子
猪瀬潤:永江祐貴
     ・
飛鳥美琴:小林涼子
山崎春馬:徳山秀典

ほか

スタッフ

【原作】
吉河美希「山田くんと7人の魔女」(週刊少年マガジン連載中)

【脚本】
小川真

【編成企画】
清水一幸

【企画協力】
鹿内植

【プロデュース】
柳川由起子(共同テレビ)

【演出】
星護(共同テレビ)
高丸雅隆(共同テレビ)

【音楽】
佐橋俊彦

【制作】
フジテレビ

【制作著作】
共同テレビ

オススメ番組