ようこそ、わが家へ

第7回 2015年5月25日(月)放送 あらすじ

健太を刺したのは誰?遂に犯人の正体が明らかに!

倉田家に次々と嫌がらせを繰り返すストーカー。健太(相葉雅紀)は、家に仕掛けられた盗聴器を逆に利用しようと思いつく。家族全員の留守を装ってストーカーをおびき出し、顔を確認しようと考えたのだ。
決行当日。健太が七菜(有村架純)と身を潜ませていると、ストーカーが現れた。しかし、健太たちはストーカーに気づかれてしまう。逃げるストーカーを追う健太と七菜。だが、2人はストーカーの逆襲に遭い、七菜をストーカーから庇おうとした健太が刺されてしまった。様子を見に来た神取明日香(沢尻エリカ)の通報で、健太は病院に搬送。ストーカーは逃走してしまった。
家路を急いでいた太一(寺尾聰)は自宅前の騒然とした雰囲気にぼうぜん。木下巡査(夙川アトム)から健太が刺されたことを知らされた太一は、さらに明日香から状況を聞き、動揺する七菜を落ち着かせる。そして、太一は珪子(南果歩)に連絡。
珪子は一緒に行くはずだった下村民子(堀内敬子)にキャンセルされたため、波戸清治(眞島秀和)と旅先で2人きりの夜を過ごそうとしていた。すると、そんな状況からか波戸は珪子に自分の想いを告白。その時、珪子の携帯電話が鳴る。太一から健太の急を知らされた珪子は病院へと急ぐ。
病院で倉田家の面々、明日香が健太の緊急手術を不安の中で待つ。そこで七菜は、元カレの辻本正輝(藤井流星)にストーキングされていることを家族に打ち明ける中、家族の前に辻本が姿を現した…。

スタッフ

【原作】
池井戸潤「ようこそ、わが家へ」(小学館文庫)

【脚本】
黒岩勉

【プロデュース】
羽鳥健一

【演出】
中江功
谷村政樹

【制作】
フジテレビ

オススメ番組