海猿

第5回 2005年8月2日(火)放送 あらすじ

突然の別れ

 海保のプールで溺れる遭難者を救う訓練が行われている。仙崎大輔(伊藤英明)は意表を突く救助方法で池澤真樹(仲村トオル)を驚かせる。池澤に「救助方法にはマニュアルがない」と言われ、独自の方法を取ったと語る大輔は、バディとしても一回りたくましくなっている。池澤もその姿勢を認め出したことが大輔は嬉しい。
 そんなある日、大輔は、別所健次郎(三宅弘城)と永島康太(坂本真)に頼まれ、ダイビングスクールに潜水インストラクターの手伝いに行った。若い女性が多く、その楽しさに大輔も永島も舞い上がる。
 しかし、その後オーシャンズに行くと、突然別所が潜水士を辞めてインストラクターになると言い出した。驚く二人。バディに捨てられた形となる永島は「ふざけるな!」と怒り出す。その場に居合わせた伊沢環菜(加藤あい)も大輔たちの感情の高ぶりに驚きを隠せない。
 『ながれ』に戻った大輔は、信頼できる関係となった池澤に別所の話をした。すると、池澤は「おれも辞めるんだ」と言い出す。衝撃的な話に驚く大輔は「特救隊は?」と尋ねるが、「戻らない」とにべもない池澤。理由を語る男ではなかった。だが、池澤が辞めようと思った理由には深いものがある。それを知る下川(時任三郎)は池澤の無念さを察するに余りあった。下川は、別所が辞める理由にも別の悩みがあるとにらみ、事情を聴く。すると別所は「バディを死なせてから辞めても遅い」と、相当深刻な様子で、下川にもはっきりと語らない。真相を知らない大輔と永島は荒れた。
 『ながれ』に乗組員の家族らを招いて親睦を深める「ファミリーデー」の日がやって来る。大輔は環菜を、吉岡哲也(佐藤隆太)は星野怜(臼田あさ美)を招いた。池澤の妊娠中の妻・尚子(芳本美代子)も現れ、いつもは緊張に包まれた『ながれ』に和やかなムードが漂う。環菜も尚子に紹介され、尚子のお腹をなでた。
 その時、『ながれ』に出動命令が下った。家族は全員下船させられ海上保安部で待機することに。目の前で繰り広げられる緊張は家族にも伝わる。心配の余り尚子は環菜の手を握り締め、環菜は、海保の仕事の厳しさを家族の様子から汲み取るのだった。
 転覆した貨物船は更に横転し、救助活動は難航した。潜水士にも被害が及び、帰港した「ながれ」から担架で一人の潜水士が運び出され…。

キャスト

仙崎大輔(26) … 伊藤英明
伊沢環菜(25) … 加藤あい
下川いわお(42) … 時任三郎
池澤真樹(38) … 仲村トオル
勝田孝太郎(55) … 夏八木勲(特別出演)
吉岡哲也(23) … 佐藤隆太

肥後大作(50) … 伊武雅刀
光森千佳(27) … 佐藤仁美
津田晋平(44) … 益岡 徹
池澤尚子(32) … 芳本美代子
大野里江子(38) … 奥貫 薫
冬柴康介(32) … 鈴木一真

三宅弘城、平山祐介、坂本真、坂本あきら、飯田基祐、臼田あさ美、一木有海 ほか

スタッフ

■原作
 「海猿」(小学館・ヤングサンデーコミックス)
 佐藤秀峰 ※原案・取材 小森陽一

■脚本
 福田 靖

■演出
 羽住英一郎(ROBOT)
 小林義則(共同テレビ)

■音楽
 佐藤直紀

■制作
 フジテレビ
 共同テレビ

オススメ番組