逃亡弁護士

第4回 2010年7月27日(火)放送 あらすじ

協力者、現わる

 ひったくり事件を目撃した成田(上地雄輔)は、逃げた犯人が落とした社員証を手がかりに勤務先「ナナセ運輸」へ向かう。その男・山崎公太(五十嵐隼士)は、恋人・望月里香(末永遥)の闇金業者への借金を肩代わりしていた。唯一の肉親である警察官の父・山崎義一(中原丈雄)とは折り合いが悪く、さらに里香は病弱な上に身重。1人で対処しようとしたが金の工面は難しく、仕方なく犯行を重ねてきたのだ。

 そんな公太を案じた成田は自首を促すが、逃亡犯だと気づかれ、通報しない代わりに犯行を見逃すよう逆に脅される。無実を証明してくれるはずの唯一の証人・美由紀(村川絵梨)に繋がる人物との接触を目前に控え、従うしかない成田。さらに父親の山崎も公太の犯罪隠ペイに動き出してしまう。成田は思い止まるよう説得するが、山崎は「たとえ嘘をついてもアイツを守る」と決意は固い。それは亡き妻・早苗(中村麻美)と交わした約束だった。未だ公太から恨みを買うほど家庭より職務優先だった山崎が、違法行為に走る覚悟を決めた背景とは? しかし、公太は闇金業者のエスカレートする脅迫から里香を守るため遂に自首を決意。それを知った山崎は猛反対し、公太と激しく衝突する。さらに成田に対しても親子間の問題に立ち入らないよう息巻くが、窮地に陥った彼らを放っておけない成田は…。

スタッフ

剛英城・高田優・岡本創『逃亡弁護士 成田誠』『新・逃亡弁護士 成田誠』小学館 月刊!スピリッツ連載中 本橋圭太
白木啓一郎
田中峰弥

オススメ番組