逃亡弁護士

第10回 2010年9月7日(火)放送 あらすじ

陰謀暴く…真相へ

 成田(上地雄輔)は絵美(石原さとみ)と合流し、美由紀(村川絵梨)の拉致現場に急行する。そんな2人を尾行し、監視し続ける謎の男・黒川(鈴木亮平)の手には、ヘビのタトゥーがあった。
 警察に追われた2人は、身を隠した工事現場で、従業員の大沢敏雄(田中哲司)に助けられる。実は大沢も冤罪被害者だった。10年前に起きた強姦傷害事件で、目撃者なのに犯人と決めつけられ、十分な弁護も受けられず刑に服したという。しかし、事件の影響で離婚させられ天涯孤独の身となった大沢には、もはや汚名を晴らす気概はない。見過ごせない成田は、再審請求に持ち込むべく独自に聞き込みを開始する。
 一方、美由紀の所在は依然不明のまま。安否を気遣う連光寺(豊原功補)は真船(北村一輝)を問い詰めるが、相変わらずの態度に「小早川まで死んだら、許さない」と怒りを露わに。亮子(矢田亜希子)も真船の真意が見抜けず、極秘で調査を始める。それは3年前の柏田法務大臣闇金疑惑、通称“カシワダケース”。美由紀の行方を探るため亮子に協力を求められた絵美は、逆に二ノ宮(船越英一郎)の遺品に“カシワダケース”の資料がないか秘密裏に調べるよう要請される。その結果、絵美が発見したメモの内容に成田は驚がく! しかし一方で、「放っておけない」と決意を新たにする。
 大沢の聞き込みでも進展があり、先を急ぐ成田と絵美。しかし、ここに来て遠巻きに尾行を続けていた黒川が動き出す。鋭利なナイフ片手に、ジワジワと2人に迫ってきて…!

スタッフ

剛英城・高田優・岡本創『逃亡弁護士 成田誠』『新・逃亡弁護士 成田誠』小学館 月刊!スピリッツ連載中

【プロデューサー】
河西秀幸
平部隆明



【演出】
大内隆弘

オススメ番組