ストロベリーナイト(連続ドラマ)

第2回 2012年1月17日(火)放送 あらすじ

右では殴らない

覚醒剤使用の痕跡がある男性が劇症肝炎で死亡する症例が立て続けに発生。姫川玲子(竹内結子)は事件性を感じ、覚醒剤取締法違反である事件を連続殺人として捜査開始した。被害者は独身サラリーマン3名。西ヶ原警察署管内、亀有西署管内、高円寺警察管内で発見された。
今回の捜査の座組みは姫川班と三係の島班、遺体が発見された各所轄から生活安全課と刑組課の刑事が入るという。玲子のことが好きな井岡博満(生瀬勝久)も捜査に加わる。島(小木茂光)は菊田(西島秀俊)の師匠で、ひたすら足を使い、1つずつ可能性をつぶしてホシにせまるタイプで、手ごわい相手だ。さらに、玲子の気がかりはガンテツこと勝俣警部補(武田鉄矢)が介入してくることだ。
被害者3名はオンラインゲームサイト“ガチャゲー”に会員登録をしていて、ゲームの中で共通の相手と接触していた。玲子はホシがゲームの中で知り合った不特定多数の相手に毒入り麻薬を配っている可能性を疑う。一方のガンテツはドラッグの売人の遺体が所持していた黒と白のカプセル(ゼブラ)を入手する。科捜研を使って調べると、主成分は合成麻薬MDMAで、アセトアミノフェンという薬物が混ざっていたという。解熱鎮痛剤の一種で、大量に摂取すると劇症肝炎を引き起こす原因になる。玲子はガチャゲーの料金を引き落としているカード会社から、ある大物の存在に気付く…。

スタッフ

【原作】
誉田哲也

【脚本】
龍居由佳里

【企画】
成河広明

【プロデュース】
高丸雅隆
江森浩子

【演出】
佐藤祐市

【音楽】
林ゆうき

【制作著作】
共同テレビ

【制作】
フジテレビ

オススメ番組