戦う!書店ガール

第3回 2015年4月28日(火)放送 あらすじ

万引き犯に土下座 年下男を襲った悲劇

三田(千葉雄大)にフラれたショックで仕事に身が入らない亜紀(渡辺麻友)は、三田が片思いしている相手が誰なのか、気になって仕方がない。そこへ、風邪で休んでいた理子(稲森いずみ)が3日ぶりに出社してくる。三田は、理子の体調を気遣いながらもうれしそうな表情を見せる。先日の亜紀に対する陰口に対して、勘違いをしていたと素直に亜紀に謝罪する理子に対し、三田が理子に思いを寄せているのではと感じた亜紀は、謝罪を突っぱねる。
一方、店では万引きの被害が相次ぎ、防犯を強化することに。ある日、店に並んだ雑誌を携帯電話のカメラで撮影していた女子高生3人グループを見つけた亜紀は、「雑誌に載っている情報も商品です」と毅然とした態度で注意。周囲の冷ややかな視線にバツが悪くなった女子高生たちは慌ててその場から立ち去るが、恥をかかされたと亜紀に恨みを抱く。
後日、亜紀に仕返しをしようとたくらむ女子高生たちが、再び店にやってくる。その動向を怪しいと思った亜紀が注意を払っていると、そのうちの1人が、持っていたブレザーの下にコミックを隠す瞬間を目撃!店を出たところで声をかけ、その場で捕まえようとブレザーの下を確認するが、盗まれたはずのコミックは出てこない。亜紀をまんまとわなにハメた女子高生たちは「万引き犯扱いされた!」と騒ぎ立て、さらに「土下座しろ!」と迫り…。

スタッフ

【原作】
碧野圭「書店ガール」シリーズ(PHP文芸文庫刊)

【脚本】
渡辺千穂

【演出】
木内健人

【プロデュース】
山下有為
沖貴子
松井洋子

【音楽】
横山克

【制作著作】
関西テレビ放送

オススメ番組