最高の離婚

第3回 2013年1月24日(木)放送 あらすじ

もう一つの夫婦の秘密と真実

濱崎光生(瑛太)は、かつての恋人・上原灯里(真木よう子)から、光生との間にはいい思い出なんかひとつもない、と言われ、呆然となる。一方、結夏(尾野真千子)は、友人に誘われて合コンに参加する。そこで結夏は、初島淳之介(窪田正孝)というフリーターや、年上のサラリーマン・大村圭輔(KEIJI)と知り合う。その夜、帰宅した光生と結夏は、すぐに嫌みの言い合いになる。そこで結夏は、同居している間のルールを決めようと光生に提案。「不満を口にしない」「恋愛の自由」といったルールを決める。そんな折、歯科医院を訪れた光生は、海野菜那(芹那)から、ソーシャル・ネットワーキング・サービスなどで連絡を取り合ってヨリを戻すカップルがいる、と聞く。菜那とともに携帯ショップを訪れ、スマートフォンを購入した光生は、さっそく有名なSNSのアカウントを作ってもらう。だが、灯里の名前を入力しても見つからなかった。光生は、試しに結夏の名前も菜那に入力してもらった。すると結夏は、ゴルフ練習場で練習している写真をリアルタイムでアップしていた。実は結夏は、大村と一緒だった。別の日、草野球の練習に駆り出された光生は、ボロボロになりながら祖母・亜以子(八千草薫)の店『金魚カフェ』を訪れる。店には、灯里の夫・諒(綾野剛)が来ていた。同じころ、結夏は、クリーニング店で亜以子とお茶をしていた。そこに、客として灯里がやってきて…。

バックナンバー

スタッフ

【脚本】
坂元裕二

【プロデュース】
清水一幸
浅野澄美(FCC)

【アソシエイトプロデューサー】
若松央樹

【演出】
宮本理江子
並木道子
加藤裕将

【音楽】
瀬川英史

【制作】
フジテレビドラマ制作センター

【制作著作】
フジテレビ

オススメ番組