リテイク 時をかける想い

第8回 2017年1月28日(土)放送 あらすじ

絶体絶命窮地にどうする新谷!? 薫が語る真実に涙が…

未来から来た坪井(笠原秀幸)が殺害され、犯人グループが逃亡する。
新谷(筒井道隆)と薫(成海璃子)は、坪井が持っていた未来のことが書かれた本を取り返すため、犯人たちの行方を追う。想定外のハプニングがあり新谷が絶体絶命の窮地に追い込まれるが、なんとか本を取り戻すことに成功する。そんな中、新谷は事件の事を事前に知っていたかのような薫の言動に、違和感を抱いていた…。
坪井が火葬される日、人の役に立ちたいと行動した事で、命を落とした坪井の事を、称賛する新谷。それに対し、坪井の行動は無意味だったと言う薫。その発言に先日来感じていた薫への疑惑を聞こうとする新谷だったが、言葉に出来ない…。
翌日、新谷のデスクに薫の退職願と法務省のIDカードが置かれていた。
新谷とまさ子(浅野温子)は薫のマンションを訪ねる。そこで目にしたのは―――生活感の無い部屋と全身真っ白な洋服だった。
疑惑が確信に変わった新谷は国東政務官(木下ほうか)の元へ向かう。国東が重い口を開く―――

ついにタイムマシンの開発者・牟田(浅野和之)も登場!
想像を絶する薫の正体を知った時、新谷は何を思うのか―――
薫の切なすぎる過去は、涙なしでは見られない!!
ラスト1分まで目が離せない、衝撃の最終回!!!

キャスト

新谷真治: 筒井道隆
那須野薫: 成海璃子
柳井研二: 敦士
大西史子: おのののか
国東修三: 木下ほうか
パウエルまさ子: 浅野温子

ほか

スタッフ

【企画】
横田誠(東海テレビ)

【脚本・演出】
植田尚

【音楽】
末廣健一郎
Brian Shore

【プロデュース】
後藤勝利(東海テレビ)
布施等(MMJ)
本郷達也(MMJ)

【制作著作】
MMJ

【制作】
東海テレビ

オススメ番組