リアル・クローズ

第2回 2009年10月20日(火)放送 あらすじ

あなたダサいんです!

 婦人服売り場のリニューアルで1億円を超える売り上げ増を達成した美姫(黒木瞳)は、また新たな戦略を打ち出す。売り場にVIP客専用のフィッティングルーム『ペシェ・ミニョン』を新設するというのだ。

 一方、絹恵(香里奈)は、『ザ・スペース』で扱う商品について議論する凌(加藤夏希)や陽子(真野裕子)らの打ち合わせの席でひと言も発言できず落ち込むばかり。そんな中、美姫が企画したアクセサリーフェアで凌のアシスタントを担当することを命じられる。

 巧みなセールストークで次々とアクセサリーを売り、またも売り上げトップの凌。だが絹恵は1つも売ることができない。悩む絹恵に陽子は、とにかく客を褒め、買う気にさせることが大事だとアドバイス。これを受けて絹恵は、明らかに客に似合っていないアクセサリーを「お似合いです」と薦めて売ってしまう。

 その頃、優作(西島秀俊)は、日比谷しのぶ(鈴木砂羽)・真紀(藤本静)姉妹のハンドメイドのコサージュが人気のアクセサリーブランド『飛猫舎』で、セレクトショップ『GOLDY』のやり手バイヤー・蜂矢英明(小泉孝太郎)に出くわす。優作と蜂矢はともに50個のコサージュを買い付けようとするが、優作には量産できないと断わった姉妹が、蜂矢の頼みには耳を傾ける。姉妹は人当たりのいい蜂矢をひいきにしていた。

 翌日、凌に呼び出された絹恵は、昨日売ったアクセサリーが「似合わない」と客から返品されたことを知らされる。口先のセールスで商品を売ったことをとがめる凌は批判の矛先を絹恵の服装に向け、「ダサい」と言い放つ。絹恵は傷つくが、何も言い返すことができない。

 そんな折、絹恵は優作に『GOLDY』に連れて行かれ、一緒に店内を偵察するはめに。優作は蜂矢が40個のコサージュを仕入れたことを店員から聞き出すが、すでに予約完売だった。2人と入れ違いに店に現れたしのぶは、完売と書かれた札を見て複雑な表情に…。店を出た優作は、未だ自分が何を着ればいいかわからないと悩む絹恵に、好きなものを見つけることから始めろと助言。そんな2人を、達也(高岡蒼甫)がぶ然とした表情で見ていた。

 翌日、凌が以前勤めていたブランド店の上司と会っていることを知った絹恵。凌が越前屋を辞め、前の職場に戻ろうとしていると考えた絹恵は、最も厳しい同僚と向き合う決意を。「逃げるなんてずるい」と凌に詰め寄り、ファッションのことを教えて欲しいと頭を下げて…。

キャスト

香里奈
西島秀俊
高岡蒼甫
加藤夏希
能世あんな
真野裕子
えれな
南 明奈
IMALU
  ・
小泉孝太郎
  ・
黒木 瞳

スタッフ

■原作
 槇村さとる『Real(リアル) Clothes(クローズ)』

■脚本
 大島里美

■チーフプロデューサー
 重松圭一(関西テレビ)

■プロデューサー
 佐野拓水(関西テレビ)
 平部隆明(ホリプロ)

■演出
 白木啓一郎(関西テレビ)
 本橋圭太(アズバーズ)
 ほか

■音楽
 野崎良太(Jazztronik)

オススメ番組