世紀の大事件

世紀の大事件

放送内容

放送内容

次の放送日時は情報が入り次第掲載いたします。

前回 | 2015年12月12日(土) 19:00~23:10 放送

報道スクープSP 激動!世紀の大事件III~未解決事件の「謎」と目撃者の「新証言」~

「八つ墓村・津山30人殺し」「7人を食い殺したヒグマ事件」「悪徳産婦人科と闘った女たち」…世紀の大事件の“新事実”が貴重な新証言や極秘資料で明らかに!

放送内容詳細

『激動!世紀の大事件』の第3弾では、日本を震撼させた数々の重大事件から、記憶に強く残る事件・事故を厳選。フジテレビ報道局秘蔵の事件映像を使いつつ、新たな取材を敢行し、“誰もが知る大事件の誰も知らなかった新事実”を発掘してゆく。
歴史に残る大事件の関係者たちが今だからこそ明かした新証言から、伝え残した「新事実」と、語り継ぐべき「教訓」を伝える。

<“八つ墓村”…津山三十人殺し(1938年)~日本犯罪史上最多殺人…「最後の証言者」が明かす120分の惨劇~>
日本で最も多くの殺人を犯したのは、岡山県の田舎町で育った21歳の青年だった。わずか120分で村中を駆け巡り、肉親や友人、知人を猟銃と日本刀で殺し続けた…その数30人。青年は、なぜ大凶行に至ったのか?番組では、77年前に起きた大量殺りくの最後の目撃者を発見。村で長く封印されていた“血塗られた記憶”を証言する。

<女子高生ストーカー殺害事件(1999年)~520ページの「ストーカー日記」が明かす“異常恋愛者の心”~>
1999年夏、愛知県西尾市の女子高生・永谷英恵さんが、元同級生の男に刺殺された。2年近く続いた、執拗なストーキングの末の犯行だった。男子生徒は、好きになった女性を、なぜ“殺したく”なってしまったのか?ゆがんだ心情に、520ページに及ぶ「ストーカー日記」から迫る。

出演者

調整中

スタッフ

【チーフプロデューサー】
石田英史(フジテレビ報道番組部)

【取材統括】
青木良樹(フジテレビ報道局)

【総合演出】
加藤健太郎(クリーク・アンド・リバー社)

【制作】
フジテレビ報道局

プレゼント・募集


オススメ番組

プレゼント・募集

オススメ番組