無痛~診える眼~

第6回 2015年11月11日(水)放送 あらすじ

診えない眼

為頼英介(西島秀俊)は、かかってきた電話に高島菜見子(石橋杏奈)のストーカー・佐田要造(加藤虎ノ介)の気配を感じ、菜見子のマンションへ急いだ。室内に入ると、ビニール袋を被せられた菜見子が倒れていた。為頼がビニール袋を取ると菜見子は頭部から血を流していたのだった。
為頼は搬送される菜見子に付き添い、白神メディカルセンターへ。パニック状態ながらも、出迎えた白神陽児(伊藤英明)に菜見子の症状を伝える為頼。白神は為頼を落ち着かせ、菜見子の緊急オペを始めた。
通報を受けた早瀬順一郎(伊藤淳史)は太田武司(馬場徹)とともに菜見子のマンションを検証する。頭に被せられたビニール袋、残されたプリンの容器…未解決の一家殺害事件の現場との酷似に、早瀬は憤る。
為頼が菜見子の手術の無事を祈りながら待っていると早瀬が現れた。早瀬は為頼に佐田との面識がありながら野放しにしていたことを責める。為頼なら佐田の犯因症を診てとれたはず。今回の事件と一家殺害の酷似を早瀬に知らされた為頼は、佐田に犯因症が見えなかったことにショックを受ける。
科学捜査を進めると、菜見子のマンションに残された佐田の足跡が、一家殺害現場のものと一致。さらに、一家殺害事件の現場に落ちていた毛髪が、南サトミ(浜辺美波)のものであることを知る早瀬は、関連性を追おうと意気込むが、暴走を案じた上司によって捜査から外されてしまう。
サトミは菜見子の体を心配してメールを打つが、返事は来ない。菜見子の携帯は事件で紛失していた。イバラ(中村蒼)も菜見子の身を案じていて…。

スタッフ

【原作】
久坂部羊「無痛」(幻冬舎文庫)

【脚本】
大久保ともみ
香坂隆史

【編成企画】
清水一幸(フジテレビ)

【プロデュース】
貸川聡子

【アソシエイトプロデュース】
稲田秀樹

【演出】
佐藤祐市
木下高男
山内大典

【音楽】
塩谷哲

【制作】
フジテレビ

【制作著作】
共同テレビ

オススメ番組