黒部の太陽

放送内容

番組紹介

2009年3月22日(日)放送終了

放送内容詳細

 フジテレビ最大規模にて、細やかな人間ドラマを描く、フジテレビ開局50周年記念ドラマ特別企画「黒部の太陽」の第二夜。

 関西電力は太田垣士郎社長(中村敦夫)の決断により、黒部川流域に日本一のアーチ型ダムを擁する、黒部川第四発電所建設に着工することを決意。中でも最難関工事と言われたのが、黒部ダム建設のために資材を運ぶため北アルプス山中を貫く大町トンネル掘削工事だった。関西電力において黒四建設事務所次長となった滝山薫平(小林薫)は、トンネル掘削では輝かしい実績を上げている熊谷組と共に、トンネル工事を進めることとなる。熊谷組大町作業所工事課長の木塚一利(ユースケ・サンタマリア)は、共に輝かしい実績を築いてきた倉松班の親方・倉松仁志(香取慎吾)に白羽の矢を立てる。様々な困難を乗り越えトンネル工事は進むが、ついに皆が恐れていた破砕帯にぶつかってしまう。脆弱(ぜいじゃく)な土壌にぶつかってしまい、冷たい地下水の大量噴出の中、なすすべもなく、ひたすらトンネルが崩れないよう井桁を組むなど様々な手をつくす。が大量の水の勢いは一向におさまらない。専門家を呼び、日々関西電力、熊谷組の間では対策会議が開かれていた。誰もが絶望に押しつぶされそうになる中、倉松だけは決してあきらめなかった。そして滝山はこの難工事のまっただ中でもう一つ大きな悩みを抱えていた。三女の光子(志田未来)は白血病であると告げられたのだった。しかしトンネルが貫通すれば光子の病気も治る、そう信じ、倉松、熊谷組の木塚らと共に、困難から逃げることなく立ち向かい続けた。しかし倉松班の面々には限界がきていた。しかも皆が破砕帯にぶつかったというニュースを耳にした家族たちは皆、働きに出ている男たちのことを心配していた。倉松班の中から、一人、また一人、と山を下りていく者が出てくる。盆が巡ってきた時、倉松は思い切って休みを取らせようと決意する。周りの人間は一度山をおりたらもう二度と戻ってこないと心配するのだった。破砕帯を抜ける日は来るのか。そして倉松班の人間はふたたび戻るのだろうか。

出演者

~熊谷組倉松班~
倉松仁志(親方) … 香取慎吾

沢井甚太 … 勝地 涼
島崎哲蔵 … 火野正平
石川伸也(ノブ) … 趙 民和
山下護(マモル) … 木村 昇
沢井甚五郎 … 國村 隼

~関西電力~
滝山薫平(黒四建設事務所次長) … 小林 薫

太田垣士郎(関西電力社長) … 中村敦夫

林 昭太郎(関西電力副社長) … 竜 雷太
芦田昌章(関西電力常務) … 平泉 成
平岡栄太郎(黒四建設事務所所長) … 小野武彦
向坂一徳(黒四建設事務所事務担当次長) … 宇梶剛士
武川 毅(黒四建設事務所宇奈月支所長) … 大鷹明良
吉村 亘(関西電力建設部次長) … 寺脇康文
村木 勲(黒四建設事務所土木課長) … 遠山俊也
根岸弘泰(黒四建設事務所庶務課副長) … 柳葉敏郎
安達直樹(黒四建設事務所事務職員) … 山崎樹範
橋本幸吉(関西電力社長秘書) … 矢島健一

~熊谷組~
大牧治郎(熊谷組専務) … 津川雅彦
船田克巳(熊谷組大町作業所所長) … 伊武雅刀
木塚一利(熊谷組大町作業所工事課長) … ユースケ・サンタマリア

~家族ほか~
滝山ふじ江 … 風吹ジュン
滝山幸江 … 綾瀬はるか
滝山響子 … 末永 遥
滝山光子 … 志田未来

倉松ツル … 泉 ピン子
倉松の父 … 春田純一

川口文子 … 深田恭子

北島 香 … 浅野ゆう子

遠山博士(地質学者) … 古谷一行

源吉 … 田中邦衛

民子 … 本仮屋ユイカ

若一王子神社の氏子総代会長 … 山田明郷

『青葉』の女将 … 杉村 暁

ホステス2 … 松田沙紀
キャバレーの客 … 若山 慎
      ○
ナレーション … 三上博史

スタッフ

■原作
 木本正次(「黒部の太陽」)

■脚本
 大森寿美男

■プロデュース
 鈴木吉弘
 保原賢一郎
 菊地裕幸

■演出
 河毛俊作

■制作
 フジテレビドラマ制作センター

プレゼント・募集


オススメ番組

プレゼント・募集

オススメ番組