医龍4~Team Medical Dragon~

第7回 2014年2月20日(木)放送 あらすじ

患者が最後に選ぶ医者!

L&P病院に入院中の桜井修三(平幹二朗)に検査結果を聞かれた朝田龍太郎(坂口憲二)は、脳に発見された巨大な動脈瘤のことは伏せて胸部大動脈瘤とだけ告げる。
岡村征(高橋克典)は、野口賢雄(岸部一徳)に次のターゲットは朝田ではなく伊集院登(小池徹平)であると話す。そのころ、伊集院は婚約中の樋口美雪(中村ゆり)に呼び出されていた。明真を辞めたことがばれてしまい、伊集院は桜井総合病院には自分が求めている医療があると必死で訴えるが、美雪は泣き崩れてしまう。
朝田と加藤晶(稲森いずみ)と荒瀬門次(阿部サダヲ)は、桜井を救うためには脳と心臓の同時オペが必要と判断。朝田と同時にオペのできる優秀な脳外科医を早急に探すことを決めた。帰ろうとする朝田の前に鬼頭笙子(夏木マリ)が現れ、アメリカの脳外科医を探すように助言する。
美雪から父親の豊(斉木しげる)が末期ガンで余命3カ月と宣告されたと聞いた伊集院。そのことで2人が気まずくなることを心配した豊が桜井総合病院にやってきた。治療を拒否し、ホスピスを探すつもりだと言う豊に伊集院は桜井総合病院への入院を勧める。朝田に豊のオペを打診するが、患者の体に負担がかかるだけでガンを完全に排除することはできないと断られてしまう。うちひしがれる伊集院に、朝田は患者にできることは切ることだけじゃないと話す。
一方、朝田たちの脳外科医探しも困難を極めていた…。

スタッフ

【原作】
乃木坂太郎『医龍』(小学館 ビッグコミックス刊)

【原案】
永井明『医龍』(小学館 ビッグコミックス刊)

【脚本】
ひかわかよ

【プロデュース】
長部聡介
大木綾子

【演出】
田中亮

【音楽】
吉川慶
澤野弘之
河野伸

【制作】
フジテレビドラマ制作部

オススメ番組