東野圭吾ミステリーズ

第2回 2012年7月12日(木)放送 あらすじ

犯人のいない殺人の夜~完全犯罪殺人!予測不能の衝撃ラスト

7月5日スタートの“木10”は東野圭吾の傑作短篇小説を11話厳選し、週替わりの“主演”と“ストーリー”の1話完結型のミステリードラマをお届けする。11人の豪華主演俳優がズラリと並び、シリアスあり、コメディータッチあり、ホラーテイストあり…とさまざまなミステリーを届ける。第2話「犯人のいない殺人の夜」の主演として坂口憲二が登場する。

(第2話『犯人のいない殺人の夜』あらすじ)
佐藤拓也(坂口憲二)は、大学を中退して家庭教師を仕事に生活している。ある日、勉強を教えに出向いた岸田家で殺人が発生してしまう。拓也と同じく岸田家で家庭教師をしている八木由紀子(八木のぞみ)が、次男の隆夫(吉田憲祐)に刺されて絶命したのだ。建築デザイナーとして名声を馳せる岸田家の主、創介(白井晃)は、拓也に証拠隠滅の協力を依頼する。金を払うという創介の強引な依頼に当初はためらう拓也。だが、あまりに執拗な創介の願いに、拓也は証拠隠滅の方法など全てを自分に一任するという条件で引き受けた。
拓也は岸田家の長男・正樹(八神蓮)と、由紀子の遺体を運び出し、山奥の林の中に穴を掘って埋める。土をかぶせる前に、拓也は遺体の身元が割れないよう、由紀子の顔と手を薬品で焼いてしまった。そして、拓也は岸田家の人々に由紀子の存在したことを徹底的に知らないものとするよう促す。また、由紀子のアパートに忍び込み、家庭教師をしていた証拠を隠滅。さらに、恋人の河合雅美(関めぐみ)の容姿を由紀子に似せて岸田家に出入りさせるようにした。だが、岸田家に由紀子の写真を携えた男が訪ねて来て…。

キャスト

坂口憲二 
白井晃 
雛形あきこ 
中原丈雄 
  ・
中井貴一(ナビゲーター)

スタッフ

【原作】
東野圭吾
「犯人のいない殺人の夜」光文社文庫

【脚本】
ひかわかよ

【プロデュース】
小池秀樹

【監督・演出】
澤田鎌作

【制作】
フジテレビ ドラマ制作センター

オススメ番組