月の恋人~Moon Lovers~

第1回 2010年5月10日(月)放送 あらすじ

おまえが欲しい

 葉月蓮介(木村拓哉)は、「多くの人にいい家具を提供したい」という思いを強く抱き家具店を始め、一代で業界No.1に躍り出ようかという勢いのインテリア専門店を築き上げた。
 蓮介が次なるターゲットとしたのが中国、上海。「レゴリス」上海第1号店開店を目前に控え、蓮介は上海に向かう。上海では1号店開店により閉鎖を迫られる工場で働く中国人たちが建設反対を訴え、座り込みを断行していた。その頃、インテリアデザイナー、二宮真絵美(篠原涼子)は1号店で内装の追い込み作業に入っていた。蓮介とは学生時代からの知り合いで蓮介に信頼を置かれている真絵美は唯一蓮介に意見できる存在だ。1号店の下見に来た蓮介はいきなり真絵美に対し内装のやり直しを命じる。予想以上の中国人の反発を抑えるため、内装の印象も変更したいというのだった。オープンはすぐそこまで迫っているにも関わらず最後まで蓮介は妥協を許さない。葉月蓮介とはそういう男なのだ。
 蓮介は工場を訪れる。そこでリュウ・シュウメイ(リン・チーリン)の姿を見いだすのだった。蓮介にとっても、シュウメイにとってもこの出会いが人生を大きく揺り動かすことになる。
 「レゴリス」が直面した予期せぬ事態にも素早く、確実に対処し解決していく男がいた。それが蔡風見(松田翔太)、蓮介の有能な部下だ。蓮介はシュウメイを「レゴリス上海1号店」のイメージモデルにすると言い始める。 
 早速、蔡はシュウメイの身元をあらい始めるのだった。
 日本からは蓮介を追いかけ、カリスマモデル、大貫柚月(北川景子)が上海にまで乗りこんでいた。実は蓮介と大貫柚月の2人は、最近写真週刊誌に2人でいるところを撮られていた。マスコミはレゴリス・葉月社長とインテリア業界No.1マストポール令嬢・柚月という大ネタに飛びつき2人の動向を追い続けていた。
 葉月連介を中心に彼ら一同が上海に会した時、ついに物語は動き始めるのだった…。

キャスト

木村拓哉 … 葉月蓮介
篠原涼子 … 二宮真絵美
リン・チーリン … リュウ・シュウメイ
松田翔太 … 蔡 風見
北川景子 … 大貫柚月
渡辺いっけい … 雉畑藤吾
濱田 岳 … 前原継男
水上剣星 … 小泉桂一
西山茉希 … エルカ
満島ひかり … 安斎リナ
中村ゆり … 笠原由紀
阿部 力 … ミン
長塚京三 … 大貫照源

スタッフ

■原作
 道尾秀介
 「月の恋人~Moon Lovers~」(新潮社刊)

■プロデュース
 後藤博幸
 村瀬 健

■演出
 西谷 弘

■脚本
 浅野妙子

オススメ番組