FNSドキュメンタリー大賞

FNSドキュメンタリー大賞

放送内容

放送内容

次回 | 2016年7月28日(木) 27:05~28:00 放送

<FNSドキュメンタリー大賞>死刑囚と姉-袴田事件50年-<フジテレビからの!>

48年間、死刑執行の恐怖と闘ってきた弟・袴田巖。帰りを待ち続けた姉・秀子。みそ会社の専務一家4人が殺害された袴田事件から50年。私たちに何を問いかけているのか。

放送内容詳細

袴田巖(80)。48年間、死刑囚として獄中にいたが、2014年3月、釈放された。元プロボクサーの面影は失われ、拘禁症になっていた。時折、奇妙なことを口にする巖。毎日5時間、故郷・浜松の街を歩き続けている。姉・秀子(83)は、巖の身の回りの世話をしながら、じっと見守る。自由がなかった弟。どんな思いで拘置所にいたのか、弟が話すまで聞くまいと自分に言い聞かせている。番組では、姉・秀子の証言をもとに、袴田事件が私たちに問いかけているものを探る。巖はなぜ、みそ会社の専務一家4人を殺害したと自白したのか。なぜ、その後、一貫して無罪を主張したのか。なぜ裁判所は、死刑判決を言い渡したのか。司法はいつか必ず、自分の潔白を証明してくれるはずだと信じていた巖。しかし、獄中の手紙から、心が蝕まれていく様子が伝わってくる。釈放されて2年。巖と秀子の距離は、果たしてどうなるのか。弟のために拘置所に通い、裁判所に通い、支援者集会に通った姉・秀子。胸の内を少しずつ語り始める。

今後の放送スケジュール

  • 2016年7月29日(金) 27:55~28:50
  • 2016年8月2日(火) 26:30~27:25

プレゼント・募集


オススメ番組

プレゼント・募集

オススメ番組