牡丹と薔薇

第33回 2004年2月18日(水)放送 あらすじ

#33 恋に落ちる予感

 雅也の死を乗り越え、ぼたんは野島家の家族として新しい生活を始める。ぼたんと香世は姉妹の絆をあらためて感じ、両親もそんな二人の成長を楽しみにする。
 一年後。ぼたんは一周忌を迎える鏡子の墓参りに行く。
 すると、由岐雄が豊樹の名代として供養にやってくる。由岐雄は苛酷な運命の中でも清らかな心を持ち続けるぼたんに熱い眼差しを注ぎ、ぼたんもまた恋の予感に胸をふるわせる。
 数日後、豊樹の提案で、野島家で鏡子の一周忌の法要が営まれる。由岐雄が友人を連れてやってくる。
 ぼたんと由岐雄は再会に心躍らせる。そんな二人の様子を見て、香世の顔色が変わる。

キャスト

三上ぼたん 大河内奈々子
野島香世  小沢真珠
野島豊樹  神保悟志
野島富貴子 北原佐和子
内田美晴  新藤恵美
三上和人  萬 雅之
清原由岐雄 西村和彦
   ほか

スタッフ

■脚本
  中島丈博
■プロデューサー
  西本淳一(東海テレビ)
  大久保直実(ビデオフォーカス)
■演出
  油谷誠至(ビデオフォーカス)
■音楽
  中川幸太郎
■制作
  東海テレビ放送
  ビデオフォーカス

オススメ番組