牡丹と薔薇

第16回 2004年1月26日(月)放送 あらすじ

#16 母親の愛人…

 富貴子は、鏡子とよりが戻ったのではないか、と豊樹を問い詰める。豊樹はしらばくれるが、逆上した富貴子は離婚を口走る。
 そのとき、冬子が危篤だという連絡が入る。二人は病院へ駆けつけ、鏡子の家に泊まっていた香世も呼び寄せる。
 まもなく、冬子は、「赤ちゃんのときに攫われた姉がいる…」と香世に言い残して、息を引きとる。
 香世が豊樹の子だと知り、鏡子は驚愕。ぼたんに香世とはもうつき合わないよう言い聞かせる。
 冬子の通夜の当日、淋しさのあまり、香世はぼたんを呼び寄せる。そこで、ぼたんは豊樹と再会。母の浮気相手だったので、ショックで飛び出す。

キャスト

三上鏡子  川上麻衣子
野島豊樹  神保悟志
野島富貴子 北原佐和子
野島泰造  佐藤仁哉
野島冬子  一柳みる
内田美晴  新藤恵美
三上ぼたん 田島保奈美
野島香世  安谷屋なぎさ
  ほか

スタッフ

■脚本
  中島丈博
■プロデューサー
  西本淳一(東海テレビ)
  大久保直実(ビデオフォーカス)
■演出
  西本淳一(東海テレビ)
■音楽
  中川幸太郎
■制作
  東海テレビ放送
  ビデオフォーカス

オススメ番組