チーム・バチスタ2
ジェネラル・ルージュの凱旋

第2回 2010年4月13日(火)放送 あらすじ

集団過呼吸

 救命救急センターに“集団過呼吸”を起こした若い女性たちが運び込まれた。彼女らはミスコンテスト日本代表の座をかけ、2週間後に迫った最終予選に向けてレッスンを受けていたが、その中のひとり・青木恵理(藤井美菜)が突然過呼吸を起こしたことからほかにパニックが伝染したという。
 まもなく、症状が落ち着いた女性たちは帰宅を許可される。だが恵理だけは足もとがふらつき、手に麻痺が残っていた。速水(西島秀俊)は恵理を残らせ、検査入院させることに。田口(伊藤淳史)は数日で済む検査だと説得するが、恵理はレッスンを休むわけにはいかないと抵抗。心配する仲間に「ライバルが減って喜んでるくせに!」と暴言を吐き、再び過換気を起こして倒れてしまう。
 一方、白鳥(仲村トオル)は院内で見かけたメディカル・アソート社の佐々木英二(堀部圭亮)に声をかけ、速水との関係を問いただす。15年ほど前、速水がデパートの大規模火災で多くのケガ人を救い、“ジェネラル・ルージュ(血まみれ将軍)”と呼ばれるようになったころからメディカル・アソート社と深くかかわるようになり、時を同じくしてメディカル・アソート社が一大医療代理店へ急成長を遂げたことを指摘する白鳥。その追及をかわした佐々木は「あなたには関係のない話だ」と言い捨てて立ち去る。
 翌日、恵理の検査が行われるが、体のどこにも異常が見当たらず、和泉(加藤あい)は精神的なストレスが過換気を引き起こしたと診断。田口や長谷川(戸次重幸)もこれに同意し、退院させても問題ないと判断する。ところが速水は「いや、まだ何かある」とつぶやき、佐藤(木下隆行)に引き続き恵理の状態を観察するよう指示する。
 病室を訪ねた田口らに、恵理は「早く退院させて」と懇願。自分が入院している間にライバルたちに先を越されてしまうと焦りを募らせていた。そんな折、恵理の婚約者・菅原誠(金井勇太)が心配して駆けつけるが、恵理は面会を拒否。花房に「一生隠し続けるつもりの秘密を隠し続けるのが苦しくなったら、あなたならどうする?」と謎めいた言葉を投げかける。
 この後、誠に会った田口は、恵理が無理なダイエットをしていたことを聞く。一方、恵理の観察を続けていた佐藤らはある深刻な異状に気づく。そんなとき、恵理が病室から逃亡。病院を抜け出してレッスンに戻ろうとするが、ふいに視界が歪んで階段から転落してしまい…。

スタッフ

■脚本
 後藤法子
 ほか

■演出
 今井和久
 植田 尚
 星野和成
 白木啓一郎(関西テレビ)

■プロデュース
 豊福陽子(関西テレビ)
 遠田孝一(MMJ)
 八巻 薫(MMJ)

■音楽
 羽岡 佳

オススメ番組