パーフェクト・リポート

第1回 2010年10月17日(日)放送 あらすじ

最低女上司と初めてのスクープ

 とあるボーリング場でゲームを楽しむ1人の女、蒼山叶(松雪泰子)。彼女は、CTN(キャピタル・テレビジョン・ネットワーク)の報道部員。
 そのころ、CTN報道局遊軍取材班に、局の看板アナウンサーの奥澤緑(相武紗季)が異動して来る。バラエティーを中心に活躍していた奥澤は、ヘルプで担当した緊急ニュースの原稿を読み間違え、勉強のためと報道に回されたのだ。配属された遊軍取材班は、報道局でも“お荷物”扱いされる者が集まる部署だった。
 ボーリングを終えた蒼山は、偽装問題が発覚した食品会社社長の記者会見場へ。自分は知らなかったと弁明する社長に、きつい一言を浴びせた蒼山は自前のデジカメで、ある映像を記録する。
 報道局に戻った蒼山は、ニュース編集部・デスクの黒井彰(平山浩行)に、食品会社の会見で押さえた映像を見せる。映像には、謝罪会見をあざ笑うかのような社長のしぐさが映っていた。しかし、蒼山に他の部員から、お前はもう社会部の人間ではないと声が飛ぶ。どうやら、蒼山は自身の遊軍取材班デスクへの異動を忘れていた様子。そんなところに、宮島総理(石橋凌)が、米国務長官との会談を目の前に官邸から失踪したとのニュースが舞い込む。いつもの癖で、早速その取材に出かけようとする蒼山だが、黒井から遊軍取材班で多摩川に再び現れたアザラシの取材に行くよう追い払われてしまった。
 遊軍取材班では、異動初日から遅刻しているデスクの話題で持ち切り。カメラマンの黄田功(要潤)、ベテラン記者の白石弘(小日向文世)、ADの桃井祐(遠藤雄弥)、カメラ・アシスタントの紫村健(小柳友)、そして奥澤がのんびりとデスクのうわさ話…ほとんど悪口…を話していると当の本人、蒼山が現れた。するとあいさつもなく、矢継ぎ早にアザラシの取材を命令。班員たちは、名前ではなく“部外者面”、“愛想笑い”…など、見た目で即座にあだ名をつけて指示する蒼山にあ然としながら、早くも不信感を抱く。
 炎天下の多摩川で取材する遊軍取材班は、蒼山への不満たらたら。その蒼山は、取材車の中で、行方不明となった総理に関する緊急特番に見入っていた。結局、アザラシは見つからずに引き上げようとすると、緊急特番は総理が戻って来たと報道。CTN政治部記者の赤坂衆(小出恵介)は、総理の体調不良を伝えているのだが、蒼山はなぜ戻って来たのかが気にかかる。
 局に戻った蒼山は失踪直前と復帰後の総理の映像を見比べ、ネクタイに注目。復帰後の総理のネクタイには、ネクタイピンがついていた。遊軍取材班の面々は、取材の手順を次々と繰り出し、自分たちをこき使う蒼山にあきれてしまう。
 翌朝、総理の囲み会見に顔を出した蒼山。勝手な取材は迷惑だと怒りをあらわにする赤坂にも、遊軍取材班はあらゆる部署のヘルプだと平然としている。
 果たして、空白の時間を過ごした総理の真実とは? 蒼山が注目したネクタイピンは、その真実と関係があるのか? 部下に疎まれ、赤坂たち政治部や社会部の記者たちに邪魔扱いされながらも、蒼山は“目先の事実”ではなく、その先にある“真実”を追い求める。

キャスト

蒼山 叶<あおやま・かなえ>(38)
松雪泰子

赤坂 衆<あかさか・しゅう>(28)
小出恵介

奥澤 緑<おくさわ・みどり>(25)
相武紗季

桃井 祐<ももい・ゆう>(25)
遠藤雄弥

紫村 健<しむら・けん>(27)
小柳 友

黒井 彰<くろい・あきら>(38)
平山浩行

黄田 功<こうだ・いさお>(35)
要 潤

白石 弘<しらいし・ひろし>(49)
小日向文世

ほか

スタッフ

■脚本
 浜田秀哉

■編成企画
 太田 大

■プロデューサー
 森安 彩
 江森浩子

■演出
 石川淳一

■音楽
 林 ゆうき

■制作
 フジテレビ

■制作・著作
 共同テレビ

オススメ番組