誘拐ミステリー超傑作 法月綸太郎 一の悲劇

誘拐ミステリー超傑作 法月綸太郎 一の悲劇

放送内容

放送内容

2016年9月23日(金)放送終了

放送内容詳細

とある住宅街で身代金目的の誘拐事件が勃発!不動産企業常務、山倉史朗(伊原剛志)の妻、和美(富田靖子)のもとにかかってきた身代金要求の脅迫。だが息子・隆史は自宅にいた。そこへ近所に住む冨沢路子(矢田亜希子)から電話が…誘拐された子供は隆史ではなく茂だった!連れ去るべき子供を間違えた誤認誘拐。史朗は身の代金受け渡しに向かうが、警察の存在をかぎつけられ、犯人との接触に失敗。結局、茂は無残な姿となって発見されてしまう…。
法月貞雄警視(奥田瑛二)のもと、久能晴路警部(モロ師岡)ら捜査一課は非道な犯人を探すべく、捜査本部を設置するが、捜査は難航を極める。用意周到な誘拐計画にもかかわらず、なぜ誤認は起きたのか?やがて車両の割り出しから、隆史の実父で和美の義弟・三浦靖史(波岡一喜)が容疑者として浮上。だが、三浦には鉄壁のアリバイが…なんと貞雄の息子で、推理作家である法月綸太郎(長谷川博己)とずっといたのだ…。
古今東西の犯罪やトリックの知識、鋭い推理力で父が抱える難事件の捜査に協力してきた綸太郎は、家政婦の小笠原花代(渡辺えり)に口を挟まれつつも、事件の解明に乗り出す。謎が謎を呼ぶ事件、さらなる関係者の殺人事件も勃発し…。複雑に絡み合う人間関係、それぞれが抱える秘密、終始張りつめられた緊張感、二転三転し明らかにされるトリック…。前代未聞の誤認誘拐事件を綸太郎が鮮やかに解き明かす!

スタッフ

【原作】
法月綸太郎「一の悲劇」(祥伝社文庫)

【脚本】
関えり香

【演出】
永山耕三(フジテレビ)

【音楽】
橋本しん

【編成企画】
水野綾子(フジテレビ)
藤井修(フジテレビ)

【プロデュース】
小泉守
柿沼竹生

【制作】
フジテレビ

【制作著作】
トータルメディアコミュニケーション

プレゼント・募集


オススメ番組

プレゼント・募集

オススメ番組