神津恭介~呪縛の家~

神津恭介~呪縛の家~

放送内容

放送内容

2015年7月10日(金)放送終了

放送内容詳細

神津恭介(片岡愛之助)は法医学者で義理の父・古沢三郎(里見浩太朗)から、神奈川県で見つかった“人骨の資料”を渡され、調べてほしいという相談を受ける。そんな中、生命保険調査員の早乙女英美(水野真紀)から神津へ1本の電話が…。ルポライターの松下研三(藤井隆)が何者かに襲われケガを負ったという。慌てて病院へ駆けつける神津。病院で神津は、美容外科クリニックで広報をしている倉橋土岐子(前田亜季)と出会い「私のせいで何かに巻き込まれてしまったのでは…」と打ち明けられる。
早乙女とともに神津は、倉橋家のある“八坂村”へ出向くことに。その場所“八坂村”は偶然にも三郎から依頼された“人骨”が見つかった場所だ。立派なお屋敷に倉橋家が勢ぞろいする中、土岐子は郵便受けに入っていたという“怪文書”について話し始める。“呪縛の家に棲みたる者は水に浮かびて殺されるべし”。そんな“呪縛の家”からはじまる怪文書の内容に怖くなった土岐子が、松下に相談したところ事件に巻き込まれたというのだ。“呪縛の家”は倉橋家をさしているのだろうか。
捜査に協力すると決めた神津。するとその夜、長女の澄子(月船さらら)が浴槽で死んでいるのが見つかる。“水に浮かびて殺されるべし”と、まさに“怪文書”通りだ。神奈川県警捜査一課の篠原継雄(宇梶剛士)が捜査するが、入浴中の事故死との見方が強いという…。

スタッフ

【脚本】
入江信吾

【原作】
高木彬光『呪縛の家』(光文社文庫刊)

【編成企画】
成河広明(フジテレビ)
清水麻利子(フジテレビ)

【プロデュース】
佐々木淳一(松竹)
足立弘平(松竹)
西麻美(松竹)

【監督】
本田隆一

【制作】
フジテレビ

【制作著作】
松竹株式会社

プレゼント・募集


オススメ番組

プレゼント・募集

オススメ番組