「名探偵・神津恭介~影なき女~」

「名探偵・神津恭介~影なき女~」

放送内容

放送内容

2014年3月14日(金)放送終了

放送内容詳細

大学で犯罪心理学を教えている神津恭介(片岡愛之助)。神津は自身のゼミ室で、かねてからの知り合いで推理小説家の松下研三(藤井隆)から、次回作のプロットを相談されていた。その小説のモデルとなっているのは、財界の重鎮である森島信太郎(大村波彦)。そんな森島が、自宅の応接室で3億円のダイヤの商談中に殺害された。「アンドロメダの奇跡」と呼ばれる3億円のダイヤを欲しがっている女性と宝石店の外商、久原諒一(伊藤正之)を仲介するため、箱根にある邸宅の応接室に呼びつけていたという。そこへ突如訪ねてきた“黒ずくめの女”。森島は、この“黒ずくめの女”と2人きりで値段の交渉をしたいと久原に話を持ちかけ、久原から渋々承諾を貰い応接室で商談を進めていた。しかし、しばらくたっても応接室から出てこない2人。妻の世津子(小松みゆき)と森島興業の専務、浜田和重(大高洋夫)が部屋に入ると、森島は殺害されていた。殺害現場は、何の抜け穴も隠れ場所もない密室…。しかし、忽然と姿を消してしまった“黒ずくめの女”と3億円のダイヤ。
さらに、殺人はこれだけにとどまらず、第2、第3の殺人へと連鎖していく…。この連続殺人事件には、何か奥深い因縁があるのだろうか!?名探偵・神津恭介によって次々と暴かれていく新事実…。最後まで手に汗にぎる展開で、ミステリーファンを楽しませること間違いなしの、金曜プレステージ『名探偵・神津恭介~影なき女~』をお見逃しなく!!

スタッフ

【原作】
高木彬光
『神津恭介、密室に挑む』所収『影なき女』(光文社文庫)

【脚本】
土屋保文

【編成企画】
羽鳥健一

【プロデュース】
佐々木淳一(松竹)
足立弘平(松竹)
西麻美(松竹)

【監督】
本田隆一

【制作】
フジテレビ

【制作著作】
松竹株式会社

プレゼント・募集


オススメ番組

プレゼント・募集

オススメ番組