西村京太郎サスペンス秋葉京介探偵事務所~狙われた男~

放送内容

放送内容

2012年9月14日(金)放送終了

放送内容詳細

秋葉京介(仲村トオル)は、元警視庁捜査一課に所属していた私立探偵。ある日京介は、何者かに追われている様子の美しい女性を助け、「お困りのことがあればいつでも」と「私立探偵・秋葉京介」の名刺を手渡した。
ある日、その女性から京介に連絡が入る。女性の名前は大島啓子(村井美樹)。介護事業では東日本で随一の会社、オオシマグループの代表・大島慶三郎(田村亮)の娘で、自身は常務取締役だ。啓子と、同席した兄・俊夫(袴田吉彦)から説明された京介への依頼とは、母の文子(池上季実子)からのもので、最近届いた慶三郎への脅迫状の犯人捜しの依頼だった。京介はさっそく調査を開始する。京介が調査を始めるときに必ず頼るのは柴野亜木子税理士事務所の亜木子(山村紅葉)だ。亜木子は俊夫が慶三郎夫妻の養子であり、実の娘である啓子が次期社長の有力候補になっていること、ここ数年会社の業績向上に貢献した専務取締役の森山英次(神尾佑)が対抗馬であることなどを話す。
そんな中、オオシマグループの介護部門部長高岡健太(小林正寛)が他殺体で発見される。現場では京介の元同僚である警視庁捜査一課警部補の田島康彦(寺島進)が捜査を行っていた。京介が最初に啓子と出会った時に、啓子のあとをつけていたのが、死んだ高岡ではないかと啓子に尋ねるが、啓子は知らないと否定する。京介は「私に隠し事をすれば、その瞬間から私はあなたのもっとも危険な敵になる」と忠告をするが…。

スタッフ

【原作】
西村京太郎「狙われた男秋葉京介探偵事務所」(徳間文庫)

【脚本】
菱田信也
本田隆一

【編成企画】
鹿内植
佐藤未郷

【プロデューサー】
森川真行
石塚清和

【演出】
本田隆一

プレゼント・募集


オススメ番組

プレゼント・募集

オススメ番組