松本清張没後20年特別企画「市長死す」

松本清張没後20年特別企画「市長死す」

放送内容

放送内容

2012年4月3日(火)放送終了

放送内容詳細

市議会議員の笠木公蔵(反町隆史)のもとに、伯父である市長の田山与太郎(イッセー尾形)が死んだとの連絡が母親から入った。まじめ一辺倒の市長が公務中に突然姿を消し、数日後にある温泉で遺体となって発見されたのだった。市長はすでに無断で6日も議会を欠席しており、横川市庁舎にて行われていた定例市議会では市長に対する野次が飛び交い、場内は騒然、市長の秘書・矢崎(春海四方)が責め立てられていた。矢崎は市長が視察をかねたクラシックコンサートの途中で、突然「急に用事を思い出したから、明日の議会は欠席にしてほしい」と言って姿を消したことを、ずっと不思議に思っていた。さらには、向かった先の志摩川(シマカワ)温泉のことを“シマガワ”温泉と言ったことで、初めて行く町だったのではないかと不信感を募らせていた。また、堅物で通っていた伯父が私用で仕事を抜け出したことを不審に思った笠木は、市長のところに通っていた家政婦のスミ子(倍賞美津子)の協力のもと、市長の部屋で遺品整理をする。そこで発見した伯父の日記によって、芳子(木村多江)という女にほれ込んでいたという伯父の意外な一面を知る…!
この日記の内容は、伯父の失踪と関係があるのだろうか…?笠木はスミ子と共に、市長が遺体で発見された志摩川温泉に再び足を運ぶが…。笠木は市長の死の裏にある衝撃的な真実にたどり着く!!

スタッフ

【原作】
松本清張「市長死す」(光文社文庫「青春の彷徨」所収)

【脚本】
樫田正剛

【編成企画】
水野綾子

【プロデュース】
樋口徹(FCC)
竹田浩子(FCC)

【企画協力】
ナック
菊地実

【協力】
北九州市立松本清張記念館
エス・エヌ企画
日本文学復興会松本清張賞事務局

【演出】
西浦正記(FCC)

【制作】
フジテレビ

【制作著作】
FCC

プレゼント・募集


オススメ番組

プレゼント・募集

オススメ番組