インタビュー

矢沢麻衣役・山賀琴子さん

撮影はもう終盤戦ですが、この現場の印象はいかがですか?

とても楽しいです。アナウンス部のシーンが主なんですけど、普段からとても仲が良いんです。沢村一樹さんが面白い話をたくさんしてくださったりして、和気あいあいとしたムードの中で撮影に臨めました。

麻衣の行動が物語を大きく動かしましたね。

かき回してしまいました(笑)。6話の放送後、SNSでも麻衣に対する非難が結構ありまして…。世の中の人々から「この女、イヤだ!」みたいに思われて、「…ですよね」って思いました(笑)。でも、ナナリュー(山村隆太)さんのことが好きだからこそやってしまった行為なので、仕方なかったんですけど。

軽率な行為かもしれませんが、悪気があったわけではないですしね。

そうなんですよね。裏アカなので、誰も見ていないと思っていたので。でも、現実にも起こりそうで怖い話だと思いました。

麻衣を演じるにあたって、監督から何かリクエストはありましたか?

最初は、麻衣というキャラクターがどういう女性なのかわからなかったんですけど、軸になるのはナナリューさんのことが好き、という部分なので、それに沿って好きだからこそ…例えばナナリューさんと、清水(鍵本輝)さんへの態度の差をはっきり出そうと。

かなり露骨に態度に出ていましたよね。

違いましたね(笑)。見てくれている方からしたら、「この女、なんて性格悪いんだ」って思われても仕方ないですよね。でも、そう思われても、ナナリューさんだけにはカワイイと思われたい、という気持ちが軸だと思ったので。

そういうキャラクターを演じるにあたって、特に意識されたことは?

最初は、「ぶりっ子っぽい方がいいのかな?」と思って、そういう動画を検索して見たりもしたんです。でも、ぶりっ子っていうよりは、裏表があるタイプなんだなと思って…。私、少女漫画大好きなんですけど、王道の少女漫画には、主人公の脇によくイヤな女の子が出てくるんですよね(笑)。このドラマも原作は漫画なので、そういう漫画的な要素から学ぶこともありました。演技を始めてまだ1年経っていないんですけど、試行錯誤しながら取り組んでいます。「どうしたらもっと伝わるかな」ということは常に考えています。

ちょっとしたさじ加減で変わってしまう難しさもありますよね。

実際に演じてみて、カットがかかった後に、監督さんから「いまのでは○○に見えてしまう」と言われたこともあったんです。自分が思っていたのとは、違う見え方になってしまうこともあるという発見もありました。毎回、勉強させていただいている感じです。

山村さんとのお芝居が多かったですが、実際に共演されてみての印象は?

物腰の柔らかい関西人、という感じです。関西っぽさが強いわけではないんですけど、会話のいろいろなところに関西人ならではのユーモアが出てくるんです。現場では気さくに話しかけてくださいますし、Twitterでもいじっていただいているので楽しいです(笑)。

違うジャンルの仕事に挑戦するというのはやはり大変なことだと思うのですが…。

凄いことだと思います。全然違うと思うんです。人前でみんなに伝える、という部分では共通することもあると思うんですけど、自分の言葉で書かれた歌詞を歌う音楽と、人が書いたセリフを言う演技はやっぱり別物だと思うので。西内まりやさんもそうですけど、やっぱり器用じゃないと出来ないんじゃないかなと思います。

このドラマでは、いろいろな結婚観が描かれていますが、こういう作品に出演するにあたって、「結婚」に関して何か考えたことはありますか?

結婚という形に囚われなくてもいいんじゃないかな、と思いました。あすかさんは「結婚したい」という思いが強すぎて振り回されているし、ナナリューさんも「結婚したくない」という思いに囚われすぎていると思うんです。そんなに決めつけて考えなくてもいいんじゃないかな、と。私はどちらかというと、中村アンさん演じる莉央さんの考え方の方が共感できます。最初、彼女も嫌がっていたじゃないですか。でも、そういうのも関係なく、「結婚したい」男性とお付き合いをして…。そういう方がいいんじゃないかな、と思いました。あすかさんとナナリューさんは、ベクトルは違うけど「結婚」に囚われているので、それはもったいないんじゃないかな、と感じています。単純に、「好きだから一緒にいたい」という方が良いんじゃないかなと思うんです。私自身は、結婚についてあまり考えたことはないんです。しかも、この世界で頑張っていく、と決めたので…。死ぬまでにはしたいと思いますし、子どもも欲しいですけど、いつごろまでに、とか、どういう相手と、というのはまったくイメージできないです。いつかは真剣に向き合わないといけないことだと思っていますが、いまはまだ“大人の話”という感じです(笑)。

最後に、視聴者のみなさんにメッセージをお願いします。

麻衣は、とてもイヤな女に見えるかもしれませんが、ナナリューさんのことが好き過ぎるゆえに、というところで、本当はそんなにイヤな子ではないというのを分かっていただきたいです(笑)。私自身、あすかさんとナナリューさんが幸せになってほしいと願っていますし、多分、もう麻衣もそう思っているんじゃないかと思うんです。最後がどうなるのかは私もまだ知らないので、この先どんなことが起こるのか、みなさんと一緒にワクワクしながら楽しめたらいいなと思っています。

BACK NUMBER