小日向文世さんインタビュー/末次隆之役

13年ぶりの『HERO』は、いかがでしたか?
「『HERO』の続編は、正直ないと思っていました。だから、今回の制作を聞いた時は驚きました。でも“末次として城西支部に戻って、久利生公平(木村拓哉)に再会出来る”ことに喜びを感じました。極端なことを言うと、僕が映像作品に出演出来るようになったのは、13年前の『HERO』からだとも思っているので、喜びはひとしおです」
末次のキャラクターは変わっていませんでした。
「前回と全然変わっていませんでした。むしろ、脳天気に拍車がかかっているというか…前回以上に、かなり仕事をそっちのけにする人になっていましたね(笑)。脚本の福田(靖)さんが、そういう末次を楽しみながら書いているんじゃない? って、思いましたよ。前半なんか、末次が仕事をしているシーンはほとんど無かったですから…。馬場礼子さん(吉田羊)ばかり追いかけていて、美鈴さん(大塚寧々)が城西支部に来た時は、それだけで舞い上がっちゃって。少しは仕事しろよって感じでした(笑)」
末次は、未だに独身ですし…。
「完璧な変人ですよね。もういい歳なのに(笑)。ですけど、ある意味、子供のような面を残しているので、愛すべき存在だと思います。だから、城西支部のみんなも、気楽にツッコミを入れてくれるんですよ。いい歳しているのに若いメンバーから突っ込んでもらえて、仲間としてワイワイ出来るっていうのは良いことだと思います」
新しいメンバーが加わっての収録は、いかがでしたか?
「いや、本当にチームワークが良いんですよ。その要因が何か? と言えば、木村くんがものすごく嬉しそうに、楽しそうに収録現場にいることじゃないかと思うんです。座長が楽しそうにいてくれることが、何より新たに加わったみなさんとのチームワークの良さを象徴しているんじゃないでしょうか? その空気感がドラマを通して、みなさんにも伝わっていると思います。また、新旧メンバーが演じるキャラクターが、それぞれに立っていることも良いんじゃないでしょうか」
新キャラクターと言えば、末次は宇野検事(濱田岳)とのコンビになりました。
「演じている濱田くんは、僕の息子のような年齢ですからね。そんな息子みたいな人に、末次はこき使われて(笑)。息子みたいな宇野検事に本気でムカッ腹を立てる末次。そして、人生の大先輩ぐらいのオジさんに平気でタメ口の宇野検事。この関係性も面白いですよね」
収録合間の様子は、いかがでしょう?
「『HERO』が他のドラマなどと違うのは、常に検事と事務官というペアが4組いることです。プラス前回は角野(卓造)さん牛丸部長で、今回は松重(豊)さんの川尻部長。合わせて9人がワッサワサしているんです(笑)。小杉警備員役の勝矢くんも加わるので、いつもにぎやか。まあ、だいたい八嶋(智人)くんが中心になって、そこに木村くんが乗っかって…と、いう感じなんですけど。そのにぎやかさに上手く乗っからないと、シラケちゃうと思うので、僕なんか必死ですよ(笑)。て言うか、『HERO』の現場では自然にテンションが上がるようになっているかな? 他の撮影現場ではないことです。特異な現場で、若返らせてもらっています」
スタッフも前作から参加されている方が多いですね。
「鈴木(雅之)監督、平野(眞)監督は前回からで、チーフカメラマンも同じです。そのチーフは、僕と同じ歳なんですよ。だから13年という隔たりを感じないのかもしれません。そして、福田さんが書く『HERO』の世界観が前回そのままに、しっかりとしていることが大きいです。僕たちは、その世界観に乗っかればいいんですから。確かに、見た目は僕も歳をとったと思います。だけど、気持ちは変わらずにいられるんです」
今作で、ご苦労なさった収録はございましたか?
「食べ物が続いた収録の日は大変でした。ハンバーガーも何個も食べたし…。別の収録では、お昼に焼き肉弁当の差し入れをしっかりと食べた後に、カツ丼を食べるシーンが入っていて…もう、参りましたよ。カツ丼が出るのを知っていたら弁当は控え目にしたのに、出演者の誰も知らなかったから、みんなでガッツリ食べてしまったんです(笑)」
小日向さんにとっての『HERO』は?
「僕の場合、世代的には長嶋茂雄さんになりますね。でも、やっぱり八嶋くんも言っていましたけど、今の僕にとって、木村くんは外せないです。このドラマの中心で、みんなを楽しく回してくれているし…まさに『HERO』で演じる久利生のまま…というイメージです。意外かもしれませんけど、僕は『HERO』以外、木村くんと共演していないんですよ。ですので、どうしても木村くんと会うと、すぐに久利生と末次の関係性になってしまうんです。それも嬉しいんですね」
最後に視聴者のみなさまに、メッセージをお願いします。
「最終回まで、城西支部メンバーのチームワークの良さを感じていただきたい…いただけると思います。そして13年経っても…13年ですよ!(笑)、変わらなかった久利生公平の魅力を、ご堪能いただければと思います」

バックナンバー

PAGE TOP