杉本哲太さんインタビュー/田村雅史役

『HERO』への出演を知られた時のご感想は?
「前回の『HERO』を見ていましたので、純粋に役者としてあのドラマの世界に入れることに興奮を覚えました。まさか、自分が木村(拓哉)さん演じる久利生検事と同じ世界に行けるとは思っていませんでしたので、単純に嬉しかったです」
では、実際に撮影に入られて、いかがでしたか?
「まず嬉しかったのは、城西支部ですね。前回とは微妙に違うようなんですけど基本は同じなので、“ああ、ここだ!”って(笑)。撮影が始まると、フリースペースメンバーの俯瞰(上から)の画があったり、そこでの早いテンポの会話があったり…。まさに、かつて見ていたままの世界があることが、自分も演者としているのですが、どこか客観的に“『HERO』の中にいるよ!”と思ってしまうのが、楽しくて可笑しかったです。城西支部に入るだけで、テンションが上がりました」
確かに、みなさんの会話のテンポで、1話から『HERO』が変わらずに帰って来たと思えました。
「いや、本当に収録に入る前の本読みから、みなさんのテンポは良かったですよ。その時、僕はみなさんの芝居を聞きながら笑っていたりしたんですけど、とにかくスピードが速くて。それで、ずっと台本を見ていたら、僕のセリフが来た時に、慌てて“田村「何言ってんだよ?」”、“田村「ふざけんなよ!」”みたいに、2回も“田村”って役名から言ってしまったんです。それぐらい緊張もしていたんだと思いますけど、今でも忘れられません(笑)」
演じられている田村はどのようなキャラクターですか?
「上昇志向丸出しの俗物人間で、“欲”と名のつくようなものを全てさらけ出しているような男です(笑)。出世欲、金銭欲、食欲…他の人より、ガッツキ感が半端じゃないですね。“欲”というものを、あまり全面に出さないのが“大人の社会人”なんだと思いますけど、田村という男は、それを恥じたりすることはないようです」
検事として…の田村は?
「いつも遠藤事務官(八嶋智人)と、ふざけているようですけど、やはり検事としての仕事、やるべき事はキチンとしています。でも、検事としての原点については、忘れてしまっていることもあるかもしれません。城西支部にやって来た久利生検事には、最初は“なんだ?”と思うんですが、ストーリーが進むうちに、彼の行動を見ていて、検事の原点…忘れていた何かを思い出して行く感じはありますね。それは田村だけでなく、城西支部で働くメンバー全員に言える事だと思います」
田村は、牛丸(角野卓造)の娘さんとも結婚していますね。
「そうです。自分の出世のために、なんと牛丸次席のお嬢さんと見合い結婚してしまっているんです。全てが計算ずく(笑)。本当に“出世のためならば…”という男ですね」
しかも、牛丸そっくりの娘さんなんですよね?
「はい(笑)。ただ、今は話に出てくるだけで、どれくらい似ているかはわからないんですけど…。みなさんも、“どんな奥さんなのか?”と、いろいろ想像なさっているのではないかと思います。果たして、これから先の話に出て来るのか、来ないのか? 僕自身も楽しみにしているんですよ。もしかしたら、どこかで…写真だけでも分かる時が来るんじゃないか? と、ワクワクしています(笑)」
馬場検事(吉田羊)とは犬猿の仲です。
「いや、田村は馬場検事には酷いことをしていて…。普通だったら、同じ職場で働いていることも有り得ないことだと思います。ただ、バチバチの裏で、どこか気を許しているようなところもあるんですよね。田村は馬場検事に何かの思いがあるのかもしれません。馬場検事は分かりませんけど(笑)。2人の関係性は、これから出てきますので楽しみにしていてください」
収録現場の雰囲気はいかがですか?
「木村さん、小日向(文世)さん、八嶋さん、正名(僕蔵)さん、田中(要次)さん、角野さん以外、僕も含めて、北川(景子)さん、松重(豊)さん、濱田(岳)さん、吉田さん、勝矢さんといったメンバーは、今回から参加しています。ですので、チームが出来るまでに時間がかかるだろうと思っていたんですけど、全然そんなことはなく…すぐに、ずっと一緒にやって来たような雰囲気になれました。それはやはり、座長の木村さんの存在が大きいと思います。本当に木村さんが、収録現場にニュートラルな自然体でいてくださるんです。そこに八嶋さんという、現場を盛り上げてくださるムードメーカーが加わって…。もう、収録が始まってすぐに木村さん主催の食事会もありましたし、それぞれのメンバーでも食事に行ったりして。なんか最初から自然にまとまったというか、誰も無理することもなく、気がついたら良いチーム…という感じがします」
ドラマのタイトルは『HERO』ですが、杉本さんのヒーローは?
「子供のころは、テレビのヒーローです。『仮面ライダー』や『ウルトラマン』、『人造人間キカイダー』、『ロボット刑事』とか、手の届かない架空のスーパーヒーローでした。大人になってから…今は、そういった超絶的な存在ではなく、意外と身近なところに“ヒーローたる人”がいるんじゃないかな? と思っています」
最後に改めて『HERO』の見どころをお願いします。
「基本は、久利生検事と麻木事務官のコンビが、どう事件を解決するのか? です。久利生検事らしい“お出かけ捜査”は、楽しみですよね。その上で、僕たちが演じる他の検事と事務官のコンビたちが、久利生検事のやり方に翻弄されたり、影響を受けたりしながら少しずつ変わっていく様子です。木村さん、北川さんはもちろんですが、その周りにいる我々“お囃子隊”の芝居も“こいつらバカじゃない?”と笑いながらご覧いただけると嬉しいです」

バックナンバー

PAGE TOP