第10話  2016.3.16 OA

  • アミノ製薬の火箱直美(松井玲奈)から新薬AM105の治験への協力を頼まれた岸京一郎(長瀬智也)は、意外にもあっさりと承諾。早速、火箱はAM105を直接、使用することになる患者、松田幸司(小出恵介)の病室に持ち込む。松田の担当医、稲垣大道(平山祐介)と宮崎智尋(武井咲)もいた。その時、火箱と話の合う松田の様子に、宮崎は2人を友人にさせようとする。
  • 一方、岸は火箱から預かったAM105の症例報告書を精査していた。すると、気になる箇所が見つかる。それは新東京医療センターでの症例だった。患者は薬によって腫瘍が消えたことになっていたが、退院後は受診していない。岸は細木まどか(小雪)から森井久志(野村周平)がこの病院で働いていることを聞いていた。帰り際の森井を待った岸は、患者の情報を教えて欲しいと頼む。
  • 中熊薫(北大路欣也)は、アミノ製薬が怪しいことをしていると岸に忠告。岸は火箱を呼んで、症例報告書が改ざんされているのではないかと問いただす。しかし、火箱は否定。すると、岸は森井に調べてもらった患者の件を火箱に伝える。新東京医療センターで治験を受けて退院した患者は、2日後に多臓器不全で亡くなっていたのだ。傍らで話を聞いていた宮崎は、AM105の副作用を疑う。信じがたい火箱だが、治験情報の全てを把握してはいない。真相を知っているのは部長の間瀬辰人(髙嶋政宏)だけだ。火箱は患者が本当に亡くなったのか確かめると飛び出した。

BACK NUMBER