EVERY TUESDAY 9:00PM ON AIR すべてがFになる FOD&DIGEST 見逃し配信はこちら

TOPICS #02 2014.9.22 MON. update オーディションを突破して難役に挑む! 早見あかりさんが出演決定!

武井咲さん、綾野剛さんW主演の連続ドラマ『すべてがFになる』(10月21日(火)午後9時スタート)に、アイドルグループももいろクローバーの元メンバーである早見あかりさんが出演することが決まりました。早見さんは、フジテレビの連続ドラマに初レギュラー出演となります。

早見さんが演じるのは、“人類のうちで最も神に近い”と言われる天才プログラマー・真賀田四季(まがた・しき)役。天才的な建築学科の准教授である犀川創平(綾野剛)も、彼女の世界最高の頭脳に興味を持ち、熱を上げます。

四季は、9歳でアメリカのプリンストン大学に入学後、11歳で博士号を取得するなどコンピューターサイエンスの頂点に立つ天才プログラマーとして世界的に有名となった人物。両親ともに著名な学者でしたが、彼女が14歳の時に殺害。彼女は、その罪に問われ裁判にかけられますが、心神喪失状態と判断され無罪に。以降、15年間孤島にある「真賀田研究所」の地下に閉じこもり、一切人前に姿を現さずに過ごすというミステリアスなキャラクターです。

早見さんはおよそ300人の中からオーディションを突破し、同ドラマの密室殺人謎を解く重要な役を手に入れました。また今回は一人3役(14歳、28歳、妹)にも挑戦します。ももクロメンバー時代はクールビューティとして活躍した彼女が、今回女優としてさらに美しさと輝きを増すことは間違いありません! ぜひ、その存在感と熱演にご注目ください!

早見あかりさんのコメント

オーディションを突破したときの感想は
女優としてやってみたい役であったので、決まった時は素直にうれしかったです。ありのままの私を見てもらえたらと思い、作り込むことなどはせず、オーディションに挑みました。
真賀田四季についての印象は
幻のような存在であり、そこに彼女の魅力があると思います。人間であって人間でない。無機質な彼女をうまく演じることができたらいいなと思っています。
視聴者のみなさんへのメッセージをお願いします
新しい早見あかりをお見せ出来るよう、頑張ります! 楽しみにしていて下さい。

編成企画・広河広明コメント

真賀田四季は、「すべてがFになる」という作品だけでなく、森博嗣先生の多くの作品群に影響を与えている強大なキャラクターです。“神に最も近い存在”と呼ばれる天才であり、連続殺人者であり、そしてどこか非現実的な人物です。その特異な役に完全に合致する人を求め、今回はオーディションを敢行しました。そして、その際、目の前に突如現れたのが早見あかりさんでした。エキゾチックな顔立ち。年齢不詳な存在感。広いレンジに響く声。何より確かに存在するけど、決して存在しないような雰囲気。どれもが真賀田四季そのものだと監督、スタッフ全員が瞬時に確信しました。早見さん演じる真賀田四季は間違いなく、視聴者の皆さんの目を奪うキャラクターとなるはずです。ぜひ、楽しみにしていただければと思います。

PAGE TOP