EVERY TUESDAY 9:00PM ON AIR すべてがFになる FOD&DIGEST 見逃し配信はこちら

Story #09 2014.12.9 TUE. UPDATE 有限と微小のパン[前編]

スーツケースを手にした西之園萌絵(武井咲)は、ナノクラフト社が運営する「ユーロパーク」に到着した。パーク内の貸別荘で犀川ゼミの旅行が計画されていたが、大株主である萌絵は前乗りしてナノクラフト社長の塙理生哉(城田優)と食事の約束をしていた。塙は現在のIT業界で一番の成功者と言われる人物で、かつて萌絵との縁談が浮上したこともあった。

事情を知った儀同世津子(臼田あさ美)は、犀川創平(綾野剛)に萌絵が心配ではないのか、と聞く。

萌絵を出迎えたのは、塙の秘書の新庄久美子(青山倫子)だった。久美子は萌絵をパーク内のホテルに案内すると、343と部屋番号の記された鍵を渡した。早速、部屋に入った萌絵は、電話の横のメモに書かれた不可思議なメッセージに目を留める。すぐに犀川に電話をし、それが自分の死を予告するものではないか、と話すが、犀川は単なるいたずらだから気にすることはないと答える。

塙との会食の時間になり、萌絵は久美子とエレベーターに乗り込む。久美子がエレベーターにカードキーを差し込むと、表示パネルにはなかった「B1」のボタンが現われた。地下にナノクラフトの研究施設があるが、その存在を知っているのは社内でも限られた人間だけだ、と久美子は話した。地下に着くと通路を歩き、さらに別のエレベーターで今度は1階に上がる。地上に戻ったと思いきや、エレベーターホールの外に出ると、そこは教会の内部だった。すると、塙が現われて…。

第九話 事件のおさらい

滞在中の「ユーロパーク」で女性の悲鳴を聞いた西之園萌絵(武井咲)が教会に駆けつけると、そこにナノクラフト社の新庄久美子(青山倫子)がいて、側には同じく社員の松本卓也(小久保寿人)が倒れていた。久美子によると、松本は天窓を突き破って落ちてきたという。萌絵が見上げると、窓が大きく割れていた。萌絵はすぐにスタッフを呼びに行き戻ってくる。すると、松本の遺体は消えていて、代わりに腕が一本落ちていた。

警察の取り調べを受けた久美子は、遺体は天窓から引っ張られて行き、そのときに腕が落ちてきたと証言。しかし、その後の調べで窓の外に人がいた形跡や引き上げるために道具が使われた痕跡はなかった。忽然と消えた遺体に納得がいかない萌絵は、警察に教会に通じる秘密のエレベーターがあることを教える。それは、萌絵が久美子に連れられて教会に来たときに使用したものだ。しかし、エレベーターの扉があるべきところに行っても、倉庫があるだけだった。

真相が知りたい萌絵は、警察とともに、休んでいた久美子を訪ねる。ドアを開けて顔を出した久美子は着替えるから待っていてくれ、とドアを閉めた。そこへ、パークを運営するナノクラフト社の社長・塙理生哉(城田優)と副社長・藤原博(鈴木一真)も久美子に事情を聞こうとやってきた。そのとき、久美子の部屋から悲鳴と争うような音が聞こえた。マスターキーを使って部屋を開けると、久美子が胸部から血を流して倒れていて、警察が死亡を確認した。室内に入った萌絵は、各部屋を確認したが、犯人の姿はなく、すべての窓には内側から鍵がかかっていた。萌絵は、教会のように秘密のエレベーターや隠し扉があるのでは、と警察に訴えるが、聞き入れられない。

塙と対峙した萌絵は、昨夜、自分が塙に教会で会ったとき、自分は地下の通路を通ってエレベーターに乗って教会に到着したはずだ、と力説。しかし、塙は、萌絵は地上の正面入口から入ってきたと主張する。

そこへ、萌絵を案じた犀川が現われる。犀川は、これは真賀田四季(早見あかり)が自分たちに用意した問題だと言う。さらに、犀川は今回起きたふたつの殺人の最大の命題は、「物理的に不可能な殺人」であることだと伝えた。

パークのどこかに四季がいるに違いない、と確信する萌絵は、塙の誘いに応じて社長室を訪ねる。対面した塙に四季のことを訪ねるが、塙ははぐらかし、もしも自分のプライベートなパートナーになってくれれば、教えてもいい、と答える。そんなとき、萌絵の意識が朦朧となり倒れ込む。

目を覚ました萌絵は教会にいて、そこには四季が立っていた。見上げた萌絵は、天窓のガラスが割れていないことに気づいた。四季は、また人が死ぬと言い…。

第九話、第十話の舞台『ユーロパーク』

FOD&DIGEST 見逃し配信はこちら

STORY BACKNUMBER

PAGE TOP